不動産領域で事業拡大 2012年から7社をM&A

株式会社第一ビルサービス

動画をリクエストする

60周年の23年に売上200億円へ

ビルメンテナンスの第一ビルサービスを中核に16社で構成する、みどりホールディングスグループ。本業を柱に病院内給食や介護施設運営など多角化を進め、2012年から7社をM&A(合併買収)するなど、事業を拡大している。

主力のビルメンテナンスは管理棟数が約1700棟で、創業以来継続して右肩上がり。ビル事業は中四国と九州地域で物件取得を進める。安定した管理収入と、積極的なM&Aでコロナ禍でも成長を続け、売上高は過去最高を更新し続ける。現在、社員数は1600人。2021年6月期のグループ売上高は前年比8%増の130億円を超えた。

今後の成長を見据え、グループ会社に30代後半から40代の若手を社長に据え、将来にわたってグループの経営基盤を支える人材を育てる。杉川聡社長は、「『安定と成長』、『チーム力と個人力』をテーマに多くの方が働き、多くのお客さまに喜んでいただける企業づくりに努めたい。不安定な世の中で、個々の力が試される時代になっています。それぞれが、前向きな気持ちで、切磋琢磨しながら自らの力を高められるよう体制を整えます。時代の変化に恐れずに挑戦し、進化し続ける会社になりたい」

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

ビジネスホテル事業に参入

19年から島根県江津市の温泉リゾート施設「風の国」を運営しており、こうした施設の運営ノウハウを生かし、ビジネスホテルのマネジメント事業に参入した。現在、高知市、兵庫県加古川市、岩国市のビジネスホテルを運営。いずれもJR駅前に立地。訪日外国人などの観光利用が見込めない中、外部要因に比較的左右されにくい出張利用を想定してスタート。3拠点共に長期滞在するビジネスマンが多いという。今後も中四国のホテルマネジメント業務の請け負いを増やしたいという。

浜田市の「はまだお魚市場」の指定管理者に

このほか、運営する「風の国」から車で約30分の場所にある、島根県浜田市の「はまだお魚市場」(旧しまねお魚センター)の指定管理者となり、21年3月にリニューアルオープンした。島根県唯一の特定第3種漁港・浜田漁港で水揚げされた旬の鮮魚などを販売。フードコートでは、浜田の旬をその場で味わえる。

同施設は、1993年にお魚センターとして開業したが、経営不振で19年5月に閉店。第一ビルサービスが指定管理者として運営し、商業棟などを整備して新たな賑わいを創出する拠点として生まれ変わらせる。

不動産の領域でM&A

中核のビルメンテナンス業にかかわる不動産領域で事業を拡大しており、20年12月には、管工事などの㊒横田工業所(安芸郡府中町)をグループ化。同社は創業60年超で、市内全域で新築戸建ての管工事を主に手掛けており、みどりグループに入ることで、オフィスビルなどの管工事へ領域を広げる。今後も水道や電気、内装工事などの領域で拡大を検討する。

杉川社長は、「挑戦、進化を続ける『みどりグループ』として、23年の60周年にはグループ目標である売上高200億円達成を目指し、今後も広島を拠点に地元で愛され、信頼していただき、地域に貢献できる企業グループに邁進したい」

会社概要

株式会社第一ビルサービス
本  社:広島市中区大手町5-3-12
設  立:1963年7月
資 本 金:3000万円
売 上 高:55億8602万円(グループ120億2131万円、2020年6月期)
従業員数:833人(グループ1580人、2020年6月期)
事業内容:不動産総合サービス業
T E L:082-248-1601
U R L:https://www.midori-gr.com/daiichibs/

※2021年8月当時の情報です。