ウェブ関連サービス相次ぎ拡充
コールセンター開設、SFA構築

株式会社Fabric Arts

動画をリクエストする

企業ニーズ捉え、ワンストップで対応

  • 株式会社Fabric Arts
  • 株式会社Fabric Arts
  • 株式会社Fabric Arts
  • 株式会社Fabric Arts
  • 株式会社Fabric Arts
  • 株式会社Fabric Arts

 ウェブサイト制作を中核に、幅広いインターネット関連事業を手掛ける。これまでに手掛けたサイト制作実績は中四国地区で最多規模だ。現在は、多様なメディアを活用して企業価値を向上させる「企業ブランディング」、オリジナルのアプリやグループウエアなどの「自社商品開発」、サイト構築から運用までをプロデュースする「ECコンサルティング」の3領域で事業を展開する。

定額制ウェブサービス

 近年、注力するのがクラウドサービス事業だ。誰でも簡単にテンプレートでサイトを開設できるシステム「ecat WEB(イーキャットウェブ)」は、視覚的に分かりやすい管理画面を採用し、更新業務を業者に頼まずに自社で完結できる。同社が受注するサイト制作の大半にこのシステムを利用し、顧客の効率的なサイト運用を支える。導入企業は1000社に上る。

 2022年からはサイト制作に関連する定額制サービスの提供を始めた。サイトを構成するさまざまな機能の中で、セキュリティー面に脆弱性をはらむエントリーフォーム、広報ツール、ユーザーの声、商品データベース、よくある質問、アンケート、事例紹介の機能をパッケージで提供。OSの定期的なバージョンアップに際し、同社がシステム全体にアップデートをかけるため、各社が自社サイトで独自にアップデートする手間を省き、管理コストを抑えながら強固なセキュリティー維持が可能となる。月額1万円と割安な価格で使えるようにし、全国で導入拡大を進める。

福岡にコールセンター

 新たな展開として、クラウドサービス世界トップの米国セールスフォース社の中四国地区のパートナー企業となり、SFA(営業支援)とCRM(顧客管理)を組み合わせたウェブサービス提案に乗り出した。パートナー認定は県内の地場企業では唯一という。ecatとのデータ連携も図り、サイト構築にとどまらず顧客の営業支援・顧客管理の領域までを一括してサポートする。

 22年4月には福岡市中央区天神にコールセンターを開き、事業名「ファブコール!」で運営を始めた。従来のコールセンター業務にとどまらず、サイト制作、ネット広告の運用代行などのサービスを組み合わせ、企業のさまざまな課題解決を支援する。対面営業が伴わないウェブサービス市場が拡大する中、非対面で顧客の開拓・維持を図りたい企業のニーズを開拓する。

 ウェブサイトにとどまらず、ロゴや商品カタログの制作、コマーシャル動画の撮影・発信、SFAやCRMといった基幹システムの構築、営業を代行するコールセンターの受託まで、ワンストップで対応できる会社は全国的に珍しいという。

社会ニーズを捉える

 社会が求めるニーズを敏感に察知し、新サービスの開発・商品化に積極的に取り組む。21年には日本語、英語、中国語、ベトナム語の4カ国語に対応し、健康状態を報告・共有できる検温アプリ「LIFEONE」をリリースした。

 事業領域の拡大に伴い、社員の活躍の幅も広がっている。広島を中心に東京、福岡、島根に拠点があり、平均年齢が30代中盤と若い社員が活躍している。

会社概要

株式会社Fabric Arts
本  社:広島市中区紙屋町2-1-22 広島興銀ビル9階
設  立:2007年11月
資 本 金:1000万円
売 上 高:3億5500万円(2021年10月期)
従業員数:108人(パート・アルバイト含む)
事業内容:ウェブサイト、システム、アプリ開発、コーヒーなど食品、雑貨品、服飾品の通信販売、クラウドパッケージ販売
T E L:082-246-9200
U R L:https://www.fabric-arts.co.jp/
※2022年8月当時の情報です。