製材メーカーで国内トップ
国産材の活用拡大で売上高1500億円目指す

中国木材株式会社

動画をリクエストする

 製材メーカーで国内トップ。木造住宅や大規模木造建築物等の構造材(柱・梁・桁など)を製造・販売し、加工から納品までを一貫して行っており、全国で1年間に建築される木造住宅40万戸中、約3分の1が同社の製品を使用している計算になるという。注文には全国10カ所の物流拠点から翌日には発送できる独自の流通網を確立。全国の住宅メーカー・プレカット工場・建材商社などへ「多品種・即納・欠品なし」で製品を供給する。2019年6月期決算では1200億円の売上高を達成。今後は住宅用構造材や発電事業に加え、内装材や輸出などに注力し、将来は1500億円を目指す。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

国産材の活用を拡大へ

 主力は強度に優れた北米大陸のベイマツ。世界トップクラスの林産会社の米ウェアーハウザー社と直接輸入取引しており、専用の原木運搬船が工場隣接のバースに接岸し、原木を運び込む一貫体制を敷く。会長が自宅建設で体験した不具合から研究開発したベイマツ乾燥材「ドライ・ビーム」はその国内シェアで95%以上を誇る。
 一方、近年は国産材にも注力。国産材は軽く、日本の風土に合うことから評価が高まっており、国産スギとベイマツを組み合わせた「ハイブリッド・ビーム」は累計販売量100万立方㍍を達成した。国産材加工拠点は本社や鹿島工場(茨城県)に加え、年間原木取扱量70万立方㍍と国産材では国内最大の日向工場などを持つ。22年4月には、全国6カ所目の国産材製材拠点で東北では初となる秋田県能代市に新工場の建設を計画。24年4月、製材工場の本格稼働を目指す。
 木材を製材する過程で出る樹皮・木材チップ・オガ粉を燃料とした木質バイオマス発電にもいち早く着手しており、工場内のエネルギー供給を賄うほか、固定価格買取制度(FIT)での売電を実施。日向工場と郷原工場では、新たなバイオマス発電施設を建設中で、23年中の稼働を予定。これらの完成で既存の施設を加えた同社(合弁含む)の発電能力は約10万㌔㍗となり、年間の売り上げ換算で160億円規模の事業となる。今後も再生可能エネルギーを使った発電で原木を無駄なく活用するビジネスモデルを推し進める。

 日本の林業が採算面から事業維持が難しい状況にある中、国産材の供給や価格の安定に向け山林取得を推進。現在の自社林の面積は東京の山手線内側よりも大きい7800㌶で、将来は1万㌶を目指す。国が「2050年カーボンニュートラル」を宣言したことでSDGsや持続可能性が一層意識されており、森林はCO2を吸収することから重要性は増すとみる。戦後植えられた木を伐って活用し、新しい苗を植える循環型林業の活性化へ、活用と育林の両面に力を注ぐ。

DIYで話題のカフェ板

 国内の住宅着工件数の減少が見込まれる中、内装材や輸出など新たな需要開拓に注力。無垢の風合いを生かした面材「ムクボード」のほか、カフェの床やカウンターに使ってほしいと名付けた「カフェ板」、「リノベ柱」などを商品化。昨今のDIYブームに加え、コロナ禍でテレワーク用の間仕切りなどの需要が増えており、カフェ板とリノベ柱を組み合わせた個室空間なども提案。リノベ柱専用サイトを公開し、DIYの手順を丁寧に説明した動画も制作した。

会社概要

中国木材株式会社
本  社:呉市広多賀谷3-1-1
設  立:1955年1月20日
資 本 金:1億円
売 上 高:1165億円(2020年6月期)
従業員数:2591人(グループ、派遣含む)
事業内容:木材の製材および乾燥材・集成材の製造、木材の物流・販売・輸出、
     プレカット加工、原木および製材製品の直輸入、木質バイオマス発電、山林経営
T E L:0823-71-7147
U R L:http://www.chugokumokuzai.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。