動画をリクエストする

金融機関

不動産・建物管理・警備:
広島銀行、20年10月に持ち株会社に移行 全国展開銀行の広島支店・営業所撤退も

広島銀行は2020年10月、持ち株会社「ひろぎんホールディングス」に移行する。 傘下には広島銀行、ひろぎん証券、しまなみ債権回収、ひろぎんキャピタルパート ナーズ(20年4月設立)、ひろぎんリースのほか、マイティネットと共同出資のI T支援会社が入る。19階建ての本店棟は、21年に完成予定。
 山口フィナンシャルグループは20年6月、椋梨敬介執行役員(YMFG ZONE プラニング、YMキャリア社長)が取締役社長グループCOOに就任。「地域共創」、 「金融」の2ユニットを新設、イノベーション投資戦略事業本部を設けた。もみじ銀 行は19年のカープⅤ預金が過去最高の2928億円に。
 広島、呉、しまなみ、広島みどりの県内4信金は19年までビジネスフェアを14回 継続。20年は新型コロナの影響で中止になった。広島市信組は20年3月期に、貸出 金増加を要因に17年連続の増収。経常、当期、本業の収益を示すコア業務純益など で最高益を更新した。農林中金は20年3月末で、広島営業所を廃止。新生銀行は7 月末、スルガ銀行は10月16日に広島支店の営業を終える。