動画をリクエストする

放送・新聞・出版・広告

放送・新聞・出版・広告:
アプリや動画などデジタル化進む 防災・災害情報など地域密着の取り組み広がる

 スマートフォンの普及などで、メディアの有り様が大きく変化している。中国新聞 社はウェブサービスを拡充。2019年5月に「中国新聞デジタル」を始め、報道に積 極的に動画を取り入れるほか、中国放送と共にカープアプリ「カーチカチ」をリリー スし、新しい情報発信の形を模索する。
 民放各局は放送外事業にも注力し、広島ホームテレビはプロジェクションマッピング 事業を、広島テレビ放送はJR広島駅直結の立地を生かしてイベントを積極展開する。 テレビ新広島はBCP(事業継続計画)に基づき新社屋を19年2月に着工、20年8 月に完成した。災害などの緊急時でも報道できる体制を整える。三原テレビ放送など の地域メディアと自治体が連携した、防災・災害情報発信の取り組みも活発だ。ちゅ ピCOMふれあいと同ひろしまは20年10月に合併し、ケーブルテレビ・インターネ ットの接続世帯、件数が中国地方最多の局となる。
 コロナ禍で地域支援プロジェクト「#輪になれ広島」が発足。在広各局を中心に構 成し、県や地元経済界が協力する。局や媒体の垣根を越え、広島を元気にする取り組 みやメッセージを発信する。