6年連続の年間視聴率 完全三冠王を達成
エキキターレで二葉の里に”にぎわい” を

広島テレビ放送株式会社

動画をリクエストする

2018年間視聴率6年連続完全三冠王

 日本テレビ系列のテレビ局。開局から56年、2018年にJR広島駅北口に新社屋を完全移転し、新たなスタートを切った。
 広島地区の2018年間視聴率で、全日(午前6時~深夜0時)・ゴールデン(午後7~10時)・プライム(午後7~11時)のすべての時間帯で1位となり、6年連続で年間視聴率三冠王を獲得した。さらにノンプライム(午前6時~午後7時・午後11時~深夜0時)を加えた四冠王も達成した。年間を通して大きな強みとなったのがレギュラー放送のバラエティー番組で「世界の果てまでイッテQ!」、「行列のできる法律相談所」など、ゴールデン・プライムの11番組が年間視聴率15%を上回った。全日では自社制作の夕方ワイド番組「テレビ派」が安定して高視聴率を記録。午後5時台の2部は03年以来の10%超えを果たし、同時間帯トップとして広島の夕方の顔に定着して平日のタイムテーブルを支えている。また、「完全カープ主義」を掲げ、セ・リーグ3連覇を果たしたカープ主催試合を在広最多となる18試合を放送。ビジター9試合を合わせた27試合を中継した。ナイターの平均視聴率は29・0%と高視聴率を獲得している。自社制作番組は18年春に「Dearボス」、「STU↑でんつ!」の2番組をスタートし、「テレビ派」、「進め!スポーツ元気丸」、「よくばりアリス」を合わせた5番組を柱として展開している。今後も広テレの番組に期待してほしいという。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

2018年度イベント事業部門

 放送外イベント事業では、天候などで中止となるイベントが多数ある年となったが、18年5月には全国で話題の肉の祭典「肉フェス」を広島に初めて誘致し、20万人以上の来場者でにぎわった。また、7月にはスタジオジブリの設立から30 年間の歩みを体感できる特別展「ジブリの大博覧会」を開催。広島県立美術館での過去最多数となる約30万人を動員し、楽しませた。また、下期にはSTU48の自社冠番組「STU↑でんつ!」とコラボした「STU 48 ユニット公演」を広テレホール(広島テレビ新社屋1F)で開き、好評を得た。

イベント広場「エキキターレ」完成

 本社ビルの西側にイベント広場「エキキターレ」を、隣接するエネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)、大和ハウス工業と共同で建設した。幅約20㍍×長さ100㍍の広場で、名称は一般公募し、544通の応募の中から選定。「エキキタへ来たれ!」との期待が込められている。
 19年4月13日に開いた広場のオープンイベントにはおよそ3000人が来場。地元の中高生によるブラスバンド演奏やチアリーディング、人気番組「テレビ派」、「元気丸」の出演者によるトークショーなどでにぎわった。今後もエネコム、大和ハウスなどと協力し、夏休みやクリスマスシーズンなど、折に触れて市民に楽しんでもらえるイベントを計画する。 
二葉の里地区周辺には由緒ある神社、仏閣が点在し「歴史の散歩道」として市民に親しまれている。「エキキターレ」が地域の活性化とにぎわい創出に貢献できるよう有効活用していく。

会社概要

広島テレビ放送株式会社
本 社:広島市東区二葉の里3丁目5番4号
開 局:1962年9月
資本金:2億円
売上高:110億円(19年3月期連結)
従業員数:132人(2019年度3月時点)
事業内容:放送事業
T E L:082-207-0404
U R L:http://www.htv.jp

※2019年8月当時の情報です。