円筒研削加工技術で モノづくりの発展を支える
福山から世界に向けて挑戦

株式会社シギヤ精機製作所

 

 福山市に本社を置く創業109年の歴史ある工作機械メーカー。円筒研削盤の製造販売を主に、研削加工技術を生かして眼科眼鏡機器の販売も行う。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

織機製造業からのスタート

 1911年、織機を製造する「オリエンタル織機工業」を創業し、のちに「シギヤ織機工業所」に改称。当時最も需要のあった備後絣とタオルの織機を開発し、数多くの特許や新案も取得した。35年に戦災で工場焼失。焼けた旋盤を修理して使うことから再建が始まり、52年に工作機械製造を計画、58年に「シギヤ精機工業所」に改称して工作機械製造に全面転換、60年に現在の社名に改称。60年以上にわたって円筒研削加工技術を磨き、飽くなき挑戦を続ける。

一品一様な製品づくり

 工作機械の中でも円筒研削盤を主力に、万能研削盤や専用研削盤などを扱い、国内外問わず供給する。

 円筒研削盤とは、円筒状のワーク(加工物)の外周を研削加工する機械で、自動車や家電、建設機械、ロボット、IT関連など、多様な製品に使われる部品の仕上げ加工に用いられる。同社は真円度0・06㍃㍍の精密加工技術を持ち、さらに「真円度0」を目指す。この技術が製品の性能を向上させ、豊かな暮らしやモノづくりのさらなる可能性の創造に留まらず、省エネルギー・環境改善・高齢化問題まで、幅広い分野の問題解決に取り組んでいるという。

 納入先は業界トップクラスの企業が多く、販売実績は累計1万5000台以上。製品は顧客の要望に合わせてカスタマイズ設計するオーダーメイドで、工場には顧客仕様の一品一様な製品が並び、製作されている。

 製品には、同社のオンリーワン技術が生きる。大型CNC円筒研削盤GP―85D・800は、長さ最大8㍍のワークが研削可能で、世界最大級のキャパシティを持つ。マイスターハンドル付CNC円筒研削盤GPHシリーズは、単品加工、量産加工とも対応可能なCNC(コンピューター数値制御)と手動ハンドル操作のハイブリッド研削盤。さまざまな製品ラインナップと技術力で顧客のモノづくりを支えている。

福山を拠点に
世界へ向けて技術を発信

 国内5カ所(埼玉、群馬、名古屋、静岡、大阪)に営業所・出張所、海外5カ所(アメリカ・タイ・中国・韓国・台湾)に現地法人を構える。日本市場で鍛えた顧客ニーズへの対応力で、アジア・北米で「精密円筒研削盤のSHIGIYA」のブランドイメージが広く浸透している。顧客の3分の1は海外で、現地法人を設立して販売拠点を構築。現地のニーズに合わせた製品を提供し、各拠点で迅速なアフターサービスを行うことを可能とした。国内はもとより、世界中の顧客の期待に応えられるグローバル企業を目指している。

会社概要

株式会社シギヤ精機製作所
本  社:福山市箕島町5378
設  立:1960年11月
資 本 金:1億円
売 上 高:61億5332万円(2021年3月期)
従業員数:272人(2021年3月期)
事業内容:工作機械の設計・製造・販売、眼科眼鏡機器の販売
T E L:084-954-2961
U R L:http://www.shigiya.co.jp

※2021年8月当時の情報です。