穀物加工機の世界トップメーカー
新事業ブランドでミドル層の開拓スタート

株式会社サタケ

動画をリクエストする

 人類の3大主食の「米」、「麦」、「とうもろこし」を中心に、食品全般に関わる加工機械や食品の製造・販売などを行う。創業以来積み上げてきた米の加工技術を核に、穀物乾燥調製施設や精米プラントなど、収穫から調製加工、精米、炊飯までの全工程で使う機械・設備を製造し、国内ほか世界約150カ国に供給している。  創業は1896年(明治29年)。初代社長の佐竹利市氏が、日本で初めて動力式精米機を考案したことに始まる。その後、1908年(明治41年)に、吟醸酒誕生につながる「41年式第2佐竹精穀機」を開発し、〝酒処西条〟の発展に大きく貢献。以来、利彦、覚、利子の4代に渡って常に世の中にまだないものを追求し、斬新なアイデアを優れた技術で製品化することで、食の発展に寄与してきた。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

技術開発が会社発展の原動力

 現在、本社の技術開発(R&D)部門だけで300人以上のエンジニアが所属する。新商品開発に取り組む研究施設「クリスタルラボラトリー」や、最新鋭の選別・加工機を置く「選別加工総合センター」など、世界最高クラスの研究開発施設を所有。これまでに3000以上の特許を取得している。

グローバル企業として業界を先導

 世界13ヵ国に計18社の事業所を持つ。大型精米プラントの国際シェアは70%超で、「SATAKE」が精米工場を意味する言葉として使われる国もあるという。

新ブランド「REACH」を創設

 業界のハイエンド層をほぼ手中に収める中、2019年3月に新事業ブランド「REACH」を創設。ミドル層(中規模事業者)を対象に、ブランド名を冠したもみすり精米プラントの販売を始めた。価格を既存製品の約半分に抑えるほか、精米関連機器や配管設備、架台、付帯設備などを全て自社工場で製造し、納入先で組み立てる「プレハブ工法」を採用。施工期間を従来の3~4カ月から約2週間と大幅に短縮した。手厚いアフターフォローも大きな武器だ。主要ターゲットは東南アジアや南米、アフリカなどの新興国。ブランド名は、創業者名の「利市」や「手が届く、伸びる」などの意味の英単語から取った。

「革新と挑戦」が永遠のテーマ

 会社の成長には、旧来の制度や組織、方法、習慣などを改めて新しくする革新が不可欠。また革新を呼び起こすには挑戦が必要とし、19年は特に、「革新と挑戦」を社員に強調する。「アソビゴコロで未来をツクル。」がキャッチコピーのTVCMに、その姿勢が顕著に表れる。穀物の中から異物を見つける光選別機のバルブが発する空気音をオクターブに調節し、ベートーベンの交響曲第9番を奏でるというユニークな内容で、発想を基に一歩を踏み出す大切さを表現する。

充実した福利厚生

 男性社員の育児休業取得を推進するほか、孫の出生日後3日連続で休める「イクじい・イクばあ」制度を2016年に開始。奨学金返済支援制度もある。17、18年7~8月には「週休3日制」を試験導入し、19年も実施予定。仕事とプライベートを両立できる環境を整えている。

会社概要

株式会社サタケ
本社:東広島市西条西本町2-30
設立:1939年12月(創業1896年3月)
資本金:2億8000万円
売上高:632億円(2019年2月期・グループ連結)
従業員数:3000人(2019年5月現在・グループ計)
事業内容:食品産業総合機械および食品製造販売
T E L:082-420-0001(大代表)
U R L:https://satake-japan.co.jp/

※2019年8月当時の情報です。