精米プラントで食を支える 世界トップメーカー

株式会社サタケ

動画をリクエストする

5つの重点施策でさらなる飛躍へ

  • 株式会社サタケ
  • 株式会社サタケ
  • 株式会社サタケ
  • 株式会社サタケ
  • 株式会社サタケ
  • 株式会社サタケ

 サタケの歴史は1896年に初代社長の佐竹利市氏が、日本初の動力式精米機を考案したことに始まる。1908年には吟醸酒誕生につながる「41年式第2佐竹製穀機」を開発。東広島の酒文化の発展に大きく寄与した。以来、経営を二代・利彦、三代・覚、四代・利子と引き継ぎ、2021年からは松本和久を中心とする新体制へ移行する中、常に時代の要請に応え、数多くの先進的な製品を開発し、世界のトップメーカーとしての地位を確立してきた。

 人類の3大主食の「米」、「麦」、「とうもろこし」を中心に、食品全般に 関わる加工機械や食品の製造・販売を業務としている。積み上げてきた米の加工技術を核に、穀物乾燥調製施設や精米プラントなど、収穫から調製加工、精米、炊飯までの全工程で使う機械・設備を製造し、国内ほか世界約150カ国に供給する。

5つの重点施策

 重点施策に、①利益提案、②S―DX、③米の品質保証の確立、④国内外のサービスの拡充、⑤人財育成を掲げる。

 従来のモノを売るという考え方から、今後はコトやサービス、情報を通じて顧客の利益実現に貢献するビジネスモデルへの転換を図る。固定費の削減や高品質・高価値化による顧客の利益創出などに注力する。

 S―DXは「サタケ デジタルトランスフォーメーション」の略でデジタル技術を活用して製品やサービスなどの変革を目指す。また、これまでに蓄積した知見やデータ、検査技術を活用して米の品質保証業務を強化する。

 サービス面では、顧客サポートの充実や製品トラブル発生時のより迅速で的確な対応に力を入れる。最後に「企業は人なり」と言われるように能力向上のための従業員の育成も積極的に行う。年齢に関係なく、やる気があれば誰でもチャレンジできる環境を整備する。

最新鋭の精米加工機

 精米業界の要望を実現し、課題を解決する次世代精米プラント「MILSTA」を開発し、21年5月から広島本社でモデルプラントを公開している。「省力・自動化」と「品質担保・リスク分散」、「利益貢献」をコンセプトに、米の白さの度合いの自動調整機能や光選別機のモニタリングシステムを初搭載した。ジャストインタイム生産や24時間365日フル稼働に加え、IoT・AIを活用した機能と米の安全・安心・美味を担保する新機能を備えた。光の演出を使ったプレゼンテーションを採用し、これからの精米工程を考える新たな創造空間を目指している。

 22年4月にはウルトラマイクロバブル水やマルチパス方式など最新技術を導入した新型無洗米製造装置「MPRP36A」を開発。米のおいしさ向上や環境貢献、食品リサイクルに配慮した製品となっている。

充実した福利厚生

 男性社員の育児休業取得を推進するほか、孫の出生日後3日連続で休める「イクじい・イクばあ」制度を16年に開始。奨学金返済支援制度や帰省費用支援の「親孝行手当」、通信教育など自己啓発の支援を図る制度もある。17年以降は毎年7~8月に「週休3日制」を試験導入するなど、仕事とプライベートを両立できる環境を整えている。

会社概要

株式会社サタケ
本  社:東広島市西条西本町2-30
設  立:1939年12月(創業1896年3月)
資 本 金:2億8000万円
売 上 高:647億円(2022年2月期・グループ連結)
従業員数:2800人(2022年4月現在・グループ計)
事業内容:食品産業総合機械、プラント設備および食品製造販売
T E L:082-420-0001(大代表)
U R L:https://satake-japan.co.jp/
※2022年8月当時の情報です。