アルミダイカストで自動車の軽量化に貢献
世界トップクラスのダイカストメーカー

リョービ株式会社

動画をリクエストする

 リョービは、1943年12月に県南東部にある府中市で、ダイカストメーカーとして創業した。建築用品や印刷機器などにも事業を展開。2018年に創立75周年を迎えた。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

世界に広がるリョービのダイカスト

 主力のダイカスト事業では、軽量で耐久性、リサイクル性に優れたアルミニウムを使い、主に自動車部品を製造する。ダイカストとは、溶かしたアルミニウム合金などを、精密な金型に高速・高圧で注入して成型する技術、製品のこと。自動車の軽量化に貢献し、省エネルギー、省資源など環境保全にも有効な技術として脚光を浴びている。同社は試作、金型の設計・製作から鋳造、加工、組立まで独自の一貫体制で、世界トップクラスの実力を誇る。国内9カ所、海外6カ所(米国、メキシコ、英国、中国〈大連・常州〉、タイ)に生産拠点を構え、世界中の自動車メーカーに、シリンダーブロックやトランスミッションケースなどの部品を提供している。
 国内の生産能力増強のため、18年に買収した旭テックアルミニウム(静岡県)を19年4月に吸収合併した。5月、事業の戦略機能強化と意思決定の迅速化を図り、組織を再編したほか、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」に出展。「バッテリーケース」や「モーターケース」など、開発中の製品を展示し、EVやHVなどへの取り組みをアピールした。

美と機能性でドアクローザに革命

 建築用品事業は、ドアクローザなどの建築金物を提供。ドアクローザでは国内で6割以上のシェアを占める。近年は病院や福祉施設、学校などで引戸が多く利用されることから、スチール製や木製の引戸に対応する豊富なバリエーションの引戸クローザも取りそろえている。19年5月、主に戸建て住宅玄関ドア用の電動のドア開閉装置「RUCAD(ラクアド)」を発売。「衝突感知機能」など高い安全性と先進的な機能で、車いす利用者や高齢者をサポートする。

高精度・多機能な印刷機を提供

 印刷機器事業では、14年に三菱重工機械システムとの合弁会社「リョービMHIグラフィックテクノロジー」を創業。オフセット枚葉印刷機の分野で「RMGT」ブランドを展開する。高精度の多色化と機能の高度化を追求し、小型から大型まで豊富なバリエーションをそろえ、デジタル化に対応した商品や環境に配慮した商品を開発製造する。

多様な働き方を支援

 18年9月、長時間労働の削減や休暇取得の促進などの取り組みが認められ、県から「働き方改革実践企業」に認定。同月、社員が心身共に健康で、個性や能力を最大限に発揮することが、社員の幸福、企業の発展につながると考え、社員とその家族の心身の健康保持・増進へ「リョービグループ健康宣言」を行った。

社会に欠かせない存在へ

 19年3月、新コーポレートメッセージ「できたらいいなの、その先へ。」を制定。マツダスタジアムのバックネット広告などで周知する。 企業理念は「技術と信頼と挑戦で、健全で活力にみちた企業を築く」。顧客・社会のニーズに応え、独創的で高品質な商品を提供し、社会にとってかけがえのない存在を目指す。

会社概要

リョービ株式会社
本  社: 府中市目崎町762
設  立: 1943年12月16日
資本金: 184億7200万円
売上高: 2161億8700万円(2018年12月期/連結)
従業員数: 7792人(グループ)
事業内容: ダイカスト製品、建築用品、印刷機器の製造販売
T E L:0847-41-1111
U R L:http://www.ryobi-group.co.jp/

※2019年8月当時の情報です。