業務用卵焼き製造で全国トップクラス
「ごぼう茶」など健康関連商品も伸長

株式会社あじかん

動画をリクエストする

 業務用食品、ヘルスフード、海外事業の3つを柱と位置づけ、国内外の食を支える。業務用卵焼きは全国トップクラスで、かんぴょうやカニ風味かまぼこなど巻きずし具材のメーカーとしても有名だ。健康志向の高まりから、近年は一般消費者向け「焙煎ごぼう茶」などのヘルスフード事業も伸長。また、海外の販路も拡大しており、卵焼きなどの出荷が増加している。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

お客さまのお困りごとを喜びに

 同社の歴史は創業者の足利政春氏が、京都の卵焼きの老舗「吉田喜」で修業を重ねた後、のれん分けを許され、1962年に広島で個人創業をしたことに始まる。卵焼きを届けながら、何か役に立てることはないかとご用聞きをして回ることで、さまざまな製品を生み出してきた。このスタイルはルートセールスを基本とした製造直販という形で今も受け継がれている。「お客さまのお困りごとを喜びへ変える」。同社が創業当時から大切にしている想いである。

メーカーとして地位確立

 手焼きのようにふっくらとした卵焼きが主力。1969年に「回転式だし巻き機」を開発し、その後も自動卵焼き機や厚焼き全自動ラインなどを他社に先駆けて導入して販売を拡大してきた。野菜加工品にも力を入れ、2017年には特許技術であるきんぴらごぼうの生産ラインを導入し、独自技術で他社との差別化を実現。営業拠点は北海道から沖縄まで全国41カ所。広島工場に加え、17年に稼働したつくば工場(茨城)、守谷工場(同)、静岡工場、鳥栖工場(佐賀)を構え、中国にも2生産拠点を設ける。

基盤事業の拡大と成長事業の育成

 基盤事業である業務用食品事業では、スーパーの惣菜など中食業態以外の新たな販路として、ベーカリーや外食チェーンに着目。大手回転寿司チェーン店ににぎり寿司用たまごが採用されるなどしている。20年には海外事業部を設置し、主要エリアである北米・オセアニア・中国のほか、東南アジア・欧州などへの営業活動を活発化している。

10年発売のごぼう茶は通信販売を中心に順調に売り上げを拡大。19年には機能性表示食品の届け出が消費者庁に受理され、健康への付加価値を高めている。ごぼう茶の売上の一部を飢餓で苦しむ子どもたちの給食事業に寄付する国連WFPのレッドカップキャンペーンに賛同し、SDGs活動の一つとして取り組む。

「味で感動を与える」企業に

 21年に30年までの長期経営計画「あじかんⅤ30」を策定。事業や社内のあらゆる事柄を見直し、効率的な生産体制の整備、働きがいの醸成、ⅠT化などを進める方針だ。理想は「仕事に厳しく、人に温かい」組織。 トップを含めた社員一人一人が自己管理を徹底し、プロの仕事を行う。一方で失敗した社員を頭ごなしに責めず、背景や思いをきくことも大切にする。「イキイキ!ワクワク!」働くことができる環境で、人も会社も成長できる組織を目指す。21年4月に就任した足利直純社長は「今後はいっそうおいしさにこだわる。当社が考えるおいしさは舌と頭で感じるもの。原料や製法などの『こだわり』を聞くこと、『体に良い』と思えること、『安心』して食べられることなどいろいろな要素がおいしさをつくる。おいしさにこだわり続けた先に感動が生まれると信じ、『味で感動』を与えられる企業を目指します」

会社概要

株式会社あじかん
本  社:広島市西区商工センター7-3-9
設  立:1965年3月(創業1962年10月)
資 本 金:11億225万円
売 上 高:425億9324万円(2021年3月期連結)
従業員数:964人(2021年3月末現在連結)
事業内容:鶏卵・野菜加工品、水産練製品などの製造販売、
     および卸売、農産物の生産、販売、ならびに運輸業
T E L:082-277-7010
U R L:https://www.ahjikan.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。