業務用卵焼き製造で全国トップクラス
「ごぼう茶」など健康関連商品に力

株式会社あじかん

動画をリクエストする

 業務用卵焼きで全国トップクラスの食品メーカーで、かんぴょうやカニ風味かまぼこなど巻きずし具材のメーカーとしても中食業界では有名だ。健康志向の高まりから一般消費者向け「焙煎ごぼう茶」などのヘルスフード事業も伸長。また、海外の販路も拡大しており、卵焼きなどの出荷が増加している。業務用食品、ヘルスフード、海外の3つを柱と位置づけ、国内外の食を支える。

  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真1

お客さまのお困りごとを喜びに変える

 同社の歴史は、創業者の足利政春氏(現名誉相談役)が、京都の卵焼きの老舗「吉田喜」で修業を重ねた後、のれん分けを許され、1962年に広島で個人創業をしたことに始まる。卵焼きを届けながら、何か役に立てることはないかとご用聞きをして回ることで、さまざまな製品を生み出してきた。このスタイルはルートセールスを基本とした製造直販という形で今も受け継がれている。お客さまのお困りごとを喜びへ変える、同社が創業当時から大切にしている想いである。

卵焼きの量産機を先駆けて導入

 業務用食品事業では手焼きのようにふっくらとした卵焼きが主力。1969年に「回転式だし巻き機」を開発し、その後も自動卵焼き機や厚焼き全自動ラインなどを他社に先駆けて導入して販売を拡大してきた。現在、北海道から沖縄まで全国41カ所に営業拠点を置く。広島工場に加え、2017年に稼働したつくば工場(茨城)、守谷工場(同)、静岡工場、鳥栖工場(佐賀)を構え、中国にも2生産拠点を設ける。

基盤事業の拡大と新事業での挑戦

 中食業態を中心に拡大してきた業務用食品の新たな販路として注目するのはベーカリーや外食チェーンだ。昨年には大手回転寿司チェーン店がにぎり寿司用たまごを導入するなど、徐々に採用が広がる。また、海外販売の強化へ20年4月には海外販売を担う組織を再編。東南アジア・欧州などへの営業活動を活発化する。10年に販売を開始したごぼう茶は健康志向の高まりを受け、通信販売を中心に順調に売り上げを拡大。19年4月に主力2品を機能性表示食品として刷新するなど、健康への付加価値を高めている。新素材として菊芋の研究を進め、20年1月には佐賀大学と共同開発の下、菊芋配合ごぼう茶「菊芋のおかげ」を発売。研究開発費を5期連続で増やすなど商品開発に注力。ごぼう茶に次ぐ新たな健康関連商品の確立を目指す。

昔ながらの文化の継承と現代ニーズの融合

 食生活の変化で、ハレの日に巻寿司を食べる習慣がなくなりつつあり、巻寿司文化の継承や魅力の発信に力を入れる。11年、四季がそれぞれ始まる前日の節分を「巻寿司の日」として記念日登録。17年には巻寿司の歴史や作り方を学ぶ漫画「巻寿司のひみつ」を学研(東京)と制作し、全国2万2300の小学校などに寄贈した。現在はスーパーや小学校での巻寿司教室などを通して魅力を発信。19年にはPFC(タンパク質・脂質・炭水化物)バランスを整えた「健康を考えた巻寿司」を川崎医療福祉大学(岡山県)と開発し、販売を広げる。昔ながらの伝統を大切にしながらも、時代のニーズに合わせ進化。社是「共存共栄・相互信頼・良心の結合・誠の結合」を胸に、お客さま・関係者と共に成長を目指す。

会社概要

株式会社あじかん
本  社:広島市西区商工センター7-3-9
設  立:1965年3月(創業1962年10月)
資 本 金:11億225万円
売 上 高:447億5100万円(2020年3月期連結)
従業員数:972人(2020年3月末現在連結)
事業内容:鶏卵・野菜加工品、水産練製品などの製造販売、
     および卸売、農産物の生産、販売、ならびに運輸業
T E L:082-277-7010
U R L:https://www.ahjikan.co.jp/

※2020年8月当時の情報です。