鋳物・建設機械・工作機器でものづくりを支える
地元に密着しながらグローバルに事業展開

株式会社北川鉄工所

動画をリクエストする

 府中市に本社を置き、2021年に設立80周年(創業103年)を迎える。
 その歴史は、木造船用機械器具を製造する「北川船具製作所」から始まった。木製滑車と巻き上げ用の手巻きウインチを製造し、木製製品に使用する金属部品内製のため鋳鉄鋳物の製造を開始。その後、木工業から鉄工業への転換を図り、1941年「(株)北川鉄工所」を設立し、旋盤用チャックの製造も開始した。戦後の混乱期には建設用動力ウインチやコンクリートミキサーの製造で戦災都市の復興を支援。高度経済成長期には、クレーンやコンクリートプラントの技術が長大橋の建設などの国家プロジェクト規模のインフラ整備に、チャックなどの工作機器が製造業における高い加工技術の発展に、それぞれ大きく貢献した。 現在は金属素形材、産業機械、工作機器の3つの事業を展開。地元に密着しながら、グローバルにも事業を展開している。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

付加価値の高い鋳造部品

 金属素形材事業では、主に自動車のミッションに使われる鋳物部品の生産に注力する。素材の開発から加工までの一貫生産を通じて、付加価値の高い部品を提供。生型鋳造、消失模型鋳造、ロストワックス鋳造と多様な製法を採用し、建設機械や農業機械などの重量物から、電子機器などの軽量物まで幅広く対応する。
 タイやメキシコにも生産拠点を構え、国内外でタイムリーに製品を提供できる体制を整えている。

インフラを支える産業機械

 産業機械事業では、社会のインフラ整備に関わるビル建設用タワークレーンや架橋クレーン、コンクリートプラントや自走式立体駐車場などを手掛ける。
 ビル建設用タワークレーン「ビルマン」は「シンプル・軽量・コンパクト」がコンセプト。大型・小型合わせて国内トップシェアを誇る。2020年2月には業界初となるタワークレーンの3次元自動運転システムを開発。高度で複合的な操作を行うオペレーターの疲労軽減と作業現場の安全性向上を目指す。
 コンクリートプラント用ミキサーの設計製造では、螺旋型アームを採用して練り精度やメンテナンス性を向上、ランニングコストの削減を可能にした。また、防錆効果に優れた溶融亜鉛メッキを全体に施した新型プラントも開発。既存製品の事業品質をさらに高める方針だ。

「チャックのキタガワ」

 工作機器事業では、工作機械に取り付ける旋盤用チャックや、NC円テーブルを主に製造する。旋盤用チャックの国内シェアは約6割、海外でも約180カ国で使用され、「チャックのキタガワ」の名をとどろかす。18 年には、他社が実現できなかった把握精度100分の1㍉㍍の新型チャックを開発。世界のスタンダードを更新し続けている。
 近年は、産業用ロボットに取り付けるロボットハンドの開発・製造にも着手している。長年チャックで培った「モノを掴む技術」を最大限に活かしながら、加工物を掴んだ瞬間にその寸法測定が可能なハンドを開発、製造現場における自動化・省人化を推進していく。新しい価値の提供と新たなワールドスタンダードの構築を目指す。

会社概要

株式会社北川鉄工所
本  社:府中市元町77-1
設  立:1941年11月(創業1918年3月)
資 本 金:86億4000万円
売 上 高:582億8800万円(2020年3月期連結)
従業員数:1440人(2020年4月1日時点)
事業内容:自動車部品、産業機械、工作機械機器などの製造・販売
T E L:0847-45-4560
U R L:https://www.kiw.co.jp/

※2020年8月当時の情報です。