“創る人”と“使う人”をつなぐ技術者集団
グループ総力でDDXサービスを本格始動

大興グループ

動画をリクエストする

 自動車関連をはじめ製造業向けトータルエンジニアリングサービスをグループ11社(うち海外1)で展開。技術革新が進むものづくりの現場にグループ各社の〝得意技と併せ技〟で最適なソリューションを提供する。そうした各社専門技術をプラットフォームで一元化したのが「DDXサービス」だ。40年以上の業歴と業容を強みに、ものづくりのワンストップ支援を加速する。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真1
  • 写真2

DDXで新たな価値創出へ

 グループ各社は、例えば設計、解析、マニュアル、翻訳の発注元ごとに受注しているが、これらをパッケージ化したのが製造業向け業務支援のDDX(ダイコー デジタル トランスフォーメーション)サービス。
 CAD設計データを起点にデジタル化した膨大なデータをベースに開発・設計、購買・生産、販売・サービス、顧客対応の各部門で役立つ支援内容を組み合わせ、トータルで業務効率化を図る。エンジニアリング分野のデータ・コンテンツ制作~加工~保管~管理~運用~配信を一元化。CADデータ軽量化と技術情報の標準化で後工程の活用が容易になり、部品表や生産設備シミュレーション、組立やサービスなどのマニュアル、各種研修資料が制作できる。各マニュアルはAR・VR・AI機能の活用やクラウド化により最新内容を維持、世界中で活用が可能に。エンジニアの働き方改革も後押しする。濵本社長は、「企業のあり方や仕組みを変えていくような、ものづくりの現場に変革や新たな価値をもたらしたい」と開発の狙いを語る。

ものづくり現場が起点

 創業者、濵本義則会長は、ものづくり現場の「困っている」を解決しようと業容を広げてきた。濵本社長はこの精神を受け継ぎ、トライ&エラーを繰り返す―を事業の推進力に位置付ける。グループ持ち株会社の大興は機械設計で創業し、自動車関連を主力に産業機械やIT、医療機器向けなど顧客の海外展開に合わせて業績を拡大してきた。100%子会社は自動車設計・機械設計・CAE解析のダイコーテクノ、マニュアル制作では中国地区唯一のダイテック、技術翻訳や知財サポートのアビリティ・インタービジネス・ソリューションズ、人材サービスのプレコ、ITインフラ構築運営のダイコーIWSなど。スバルと共同出資で2005年設立したスバル・インテリジェント・サービスはスバル車全般のマニュアル制作を担う。
 DDXは海外展開を目論む中小製造業向けに導入を図る。
 コロナ禍で多い時は従業員の7割が在宅ワーク制度を利用。多様な働き方ができる環境も整い、ワークライフバランスも向上したという。自社導入成果から、BCP対策の一環でDR環境を整備したネットワークの構築と基幹システムを扱い始めた。働き方改革にも役立ち、企業価値の向上につながるという。21年夏にはグループ共通と各社のSDGsの取り組みを定め、「つくる責任つかう責任」など6つの開発目標を宣言。

人間力×専門性×技術力

 資格奨励制度や自己啓発研修などモチベーションを高めながらスキルアップできる人材育成に注力。積極的で意欲ある人間力と専門性で技術力を磨き、自信と誇りを持って働ける職場を目指す。人の成長によって企業が成長する企業理念を実践中。プロフェッショナル技術者集団として〝創る人〟と〝使う人〟をつなぐ。

会社概要

大興グループ
本  社:広島市中区宝町4-28
設  立:1984年4月
資本金:8275万円
売 上 高:100億円(2020年6月期)
従業員数:約900人
事業内容:子会社8社を含むグループ11社で機械設計、解析、システム開発、
      翻訳・通訳、知的財産管理支援、ドキュメント制作、派遣ほか
T E L:082-241-7088
U R L:http://www.daikonet.co.jp

※2021年8月当時の情報です。