西日本屈指の「総合ライセンス企業」
新型車、VR、ドローンで成長加速

株式会社ロイヤルコーポレーション

醤油醸造、有機野菜栽培で”コングロマリット経営”

 自動車学校の「ロイヤルドライビングスクール」、クレーン教習の「広島クレーン学校」、小型船舶などの「マリンライセンスロイヤル」を主要5都市に展開する〝総合ライセンスカンパニー〟。広島と福山で2校を運営する自動車学校は、普通自動車、普通・大型二輪を中心に、中型・大型自動車、大型特殊などの教習を実施。年間の卒業者数は約7000人(2018年度)で、県内のシェア率は20%で県内30校中トップの実績を誇る。インストラクターの平均年齢32・2歳は業界屈指の若さで、その中に女性が多いのも特徴の1つだ。18年7月には広島校の内装を全面リニューアル。ホテルのラウンジを思わせる都会的なフロアにし、教習生が快適に過ごせる環境を整えた。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
 19年6月にはマツダが発売した新型「マツダ教習車」を全国に先駆けて導入。また仮想現実(VR)の中で、さまざまな試乗体験ができるドライビングシミュレーターを広島と福山校にそれぞれ1台導入した。凍結道路の走行や自動ブレーキシステムなどを疑似体験し安全運転につなげてもらう狙いで、自動車学校での導入は全国初という。
 車離れと言われるが、免許の取得率は約9割と変わらず、人口減少期の中にあって毎年3~5%の成長を実現。既成概念にとらわれず、新しいことに挑戦し続ける姿勢が成長を支える。自己資本比率は60%を超え、安定経営を続ける。

ドローン教習もスタート

 クレーン学校は、建設現場や工場で働く作業技術者や高校生などを対象とする。実技教育機関は全国的に少なく、独自性の1つになっている。17年度の卒業生は1万7000人で、登録教習機関で全国トップだ。
 マリンライセンスは1級、2級の小型船舶免許や水上バイクなど特殊小型船舶免許の教習を行い、東京、名古屋、大阪、広島の全国4ヵ所に矢継ぎ早に拠点展開。自動車に比べて市場規模は小さいものの、新規免許の取得者数では国内ナンバーワンだ。日本のマリンスポーツ・レジャー業界はまだ成長余地が大きく、今後の事業拡大につなげる。
 18年11月には小型無人機ドローンの操縦技術を指導するスクールを自動車学校内に開設した。

〝コングロマリット経営〟

 同社を中核とする「寺岡企業グループ」は、醤油醸造の寺岡有機醸造(福山市)、農業生産法人の寺岡有機農場(世羅町)という異なる3事業を展開。参入障壁は高くなるが、あえて異なる領域に進出することで、経営リスクを分散。1世紀以上にわたりグループを発展継続させている。
 醤油醸造は「寺岡家」と銘打った有機シリーズなど100商品をそろえる。時代のニーズを捉えた商品開発を行い、2003年に発売した「たまごにかけるお醤油」は〝調味醤油〟という新しい分野を切り開き、年間100万本を売る大ヒットに。海外輸出も始め、特に韓国では売上高が前年比150%と急増している。
 醤油造りに必要な大豆や小麦の生産を目的に1994年に設立された農場事業は、世羅郡、福山市、尾道市に3農場があり、その広さは46㌶で東京ドーム10個分に当たる。化学農薬や化学肥料を一切使わない有機農法を採用。東京や大阪などの首都圏を中心に百貨店、高級スーパーなどに出荷する。

会社概要

株式会社ロイヤルコーポレーション
本 社:広島市安芸区船越南4-8-30
設 立:1960年7月
資本金:1000万円
売上高:23億1000万円(2018年3月期)
従業員数:292人
事業内容:自動車学校、クレーン学校、マリンライセンス事業、
ドローンスクール
T E L:082-516-4601
U R L:https://www.royal-corp.com/

※2019年8月当時の情報です。

数字でみる株式会社ロイヤルコーポレーション

Thumbnail for Gallery Image 1
Thumbnail for Gallery Image 2
Thumbnail for Gallery Image 3
Thumbnail for Gallery Image 4
Thumbnail for Gallery Image 5
Thumbnail for Gallery Image 6
Thumbnail for Gallery Image 7
Thumbnail for Gallery Image 8
Thumbnail for Gallery Image 9
Thumbnail for Gallery Image 10
Thumbnail for Gallery Image 11
Thumbnail for Gallery Image 12