西日本屈指の総合ライセンス企業
マリン、二輪車教習が伸長

株式会社ロイヤルコーポレーション

動画をリクエストする

 自動車学校の「ロイヤルドライビングスクール」、労働安全衛生教習の「ロイヤルパワーアップスクール」、小型船舶などの「マリンライセンスロイヤル」を主要5都市に展開する〝総合ライセンスカンパニー〟。2021年3月期売上高は前年比13%増の29億3500万円、当期純利益が同83%増の2億8200万円で共に過去最高を更新。全般に伸び、特にコロナ禍で密を回避しようと二輪車や船舶の免許取得者の増加が業績を押し上げた。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

自動車学校は県内トップ

 広島と福山で2校を運営する自動車学校は、普通自動車、普通・大型二輪を中心に、中型・大型自動車、大型特殊などの教習を実施。年間の卒業者数は約7000人(20年度)で、県内のシェア率は20%で30校中トップだ。インストラクターの平均年齢32・1歳は業界屈指の若さで、その中に女性が多いのも特徴の一つだ。近年は外国人向け講習の充実を図る。全国の自動車学校で初めて、仮想現実(VR)の中で凍結道路の走行や自動ブレーキシステムなどを疑似体験できるドライビングシミュレーターを各校に導入した。二輪教習には人気の輸入車ハーレー・ダビッドソンを採用している。
 車離れと言われるが、免許の取得率は約9割と変わらず、人口減少期の中にあって毎年3~5%の成長を実現。既成概念にとらわれず、新しいことに積極的に挑戦し続ける姿勢が成長を支える。自己資本比率は60%を超え、安定経営を続ける。
 パワーアップスクールは、建設現場や工場で働く作業技術者や高校生などを対象とする。実技教育機関は全国的に少なく、独自性の一つになっている。20年度の卒業生は1万7000人で、登録教習機関で全国トップを誇る。20年6月には兵庫県姫路市に新規校を開設した。

マリン分野で成長加速

 マリンライセンスは1級、2級の小型船舶免許や水上バイクなど特殊小型船舶免許の教習を行う。東京、横浜、名古屋、大阪、広島に拠点を置き、20年には福岡にも開き、全国6カ所に矢継ぎ早に拠点展開を進めた。自動車に比べて市場規模は小さいものの、新規免許の取得者数では国内ナンバーワンだ。コロナ禍で密を回避できる船舶市場は拡大を続けており、近くボートのレンタルサービスを始める計画。国内のマリンスポーツ・レジャー業界は成長余地が大きく、事業拡大を目指す。
 18年に自動車学校内に開設した小型無人機ドローンの教習スクールは、建設関係や公的機関を中心に根強く集客を維持している。

グループ3社で事業拡大

 同社を中核とする「寺岡企業グループ」は、醤油醸造の寺岡有機醸造(福山市)、農業生産法人の寺岡有機農場(世羅町)という異なる3事業を展開。醤油造りに必要な大豆や小麦の生産を目的に1994年に設立された農業事業は、世羅町、尾道市、に加え、新たに東広島と三原市にほ場を確保し4農場を抱える。20年には農場の実務部門を醸造に集約し、両社を事業レベルで実質的に合併。営業機能を集約・効率化した。21年には、3種類のしょうゆをブレンドした自宅・贈答用ラーメンセットを発売し、新たな市場開拓を進める。グループ年商は40億円規模で、30年までに100億円の達成を目指す。

会社概要

株式会社ロイヤルコーポレーション
本  社:広島市安芸区船越南4-8-30
設  立:1960年7月
資 本 金:1000万円
売 上 高:29億3500万円(2021年3月期)
従業員数:304人
事業内容:自動車学校、クレーン学校、マリンライセンス事業
T E L:082-516-4601
U R L:https://www.royal-corp.com/

※2021年8月当時の情報です。