県内で数少ない「エスパー探査協会」加盟企業
拠点を相次ぎ新設し、事業拡大へ

ウムヴェルト株式会社

 土木設計、ドローン(UAV)3D空撮測量・測量、地質や水質調査、非破壊検査などの建設コンサルタント業社。社名は「環境」を意味するドイツ語で、ドイツ・スイスへの留学を通じて欧州のビオトープ環境設計技術を学んだ平賀社長が自然環境に貢献できる企業でありたいと2002年に社名変更した。NTTが研究開発した非破壊技術を普及する「エスパー探査協会」にNTTグループを除き加盟する県内で数少ない企業。コンクリートや地中探査用の多機能レーダーを使い、コンクリ内部の鉄筋や配管のほか、地中の内部を調査する。構造物内部の空洞を調べることで、道路の陥没やトンネルの崩落などに未然対策ができる。地中内部の埋設管の調査では、試掘が不要で測量作業や土木工事がスムーズに進められるほか、探査時間やコスト、二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。インフラ構造物の老朽化が社会問題化する中、構造物を傷つけずに内部の状況を探査する非破壊検査業務の受注を増やしている。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
 事業拡大に伴い、拠点を相次ぎ新設している。2015年、広島支店を佐伯区五月が丘から南区段原の新自社ビルに拡張移転。16年には福岡市中央区大名に福岡支店を開設し、営業エリアを九州一円まで拡大した。19年3月は創立35周年事業で総括事業所を呉市阿賀南から南区上東雲に移した。6階建て自社ビル「UMWELT.BILD ZWEIビル」が完成。1階に事務所を置き、2~6階を1Kの賃貸住居とした。
 ドローンを使った空撮と測量も始めた。数百枚の空撮写真や動画を専用システムで解析することで、対象地域の三次元立体図を作成。従来より建設プロジェクトや災害対策の全体像が分かりやすくなる。18年の西日本豪雨の影響で引き合いが増えたという。19年から宅地建物取引業も開始。安全講習や人材育成にも力を入れている。創業の1982年から36年間「労災0件」の無事故記録を更新中。平賀社長は、「『おかげさま、ありがとうございます』と言える感謝の気持ちで世の中のお役に立てる仕事をさせていただくことが全て。全スタッフ一同、すべての皆さまに対したくさんの笑顔で関わって企業活動を行っていきたい。

会社概要

ウムヴェルト株式会社
本 社:呉市阿賀南8-1-7
設 立:1982年12月
資本金:2000万円
売上高: 2億281万円(2019年3月期)
従業員数:19人
事業内容:建設コンサルタント、測量、地質調査、
非破壊調査、宅地建物取引業、補償コンサルタント
T E L:0823-76-5855
U R L:https://umwelts.co.jp/

※2019年8月当時の情報です。