ココロオドル場所の創造提供業を目指す
遊技場に加え、宿泊施設を開設

東洋商事

 中区河原町と佐伯区五日市で遊技場「TOYO」を運営する東洋商事グループ。「業界の非常識に挑戦!!」、「ココロオドル場所の創造」をキーワードに、社員一丸で楽しみを提供している。
 若者離れなどで遊技業界の環境は厳しいが、同社はこれまで独自の戦略で客足を伸ばしている。社員と経営者の構成メンバーで「TOYO Advanced Project」を立ち上げ、「TOYOをより良い企業に成長させる」活動を実施。「TOYOスタッフ7つの約束」とする行動指針に力を入れ、挨拶、笑顔、感謝などを基本に「おもてなし力」向上などに取り組み、来店客のリピーター化につなげている。

新規事業で相乗効果

 2018年11月には既存事業との相乗効果を狙い、国内外の観光客向け簡易宿泊施設「ORIGAMINN」(中区河原町13-14)を開設。外国人宿泊客に、動画サイトのユーチューブで施設の遊び方などを紹介して日本独自の遊技を楽しんでもらうなど、自社運営の遊技施設との連携企画も検討している。
 宿泊施設は、各階に27~31平方㍍の3室、計15室を設け、外国人観光客の利用が増えているという。来広観光客で割合の多い欧米人は家族・友人の団体が多いことから、クイーンサイズのベッドを置き、最大で1室6人が宿泊できる広めの部屋としている。風呂、洗濯機やIH対応のキッチンも用意した。この新規事業の初年度売上高は3500~4000万円を目指す。
 18年10月1日付で中区西川口町から本社事務所を同所に移転。1階に事業所内保育を置いて従業員が利用する。同社の18年4月期売上高は前年比10%増の38億3060万円を計上。今期は5%増を見込む。

会社概要

東洋商事株式会社
本 社:中区河原町13-14
設 立:1974年
資本金:1000万円
売上高:(18年4月期)38億3000万円
従業員数:52人
事業内容:遊技場、宿泊施設の経営
TEL:082-234-1040
URL:https://pstoyo.com http://www.consec.co.jp/

※2019年2月当時の情報です。