道路、河川、宅地造成工事のブロックなど
コンクリート製品を製造

株式会社ナガ・ツキ

動画をリクエストする

 プレキャストコンクリート製品メーカーで、宅地造成、道路・河川等の公共工事で使う側溝、水路、L型擁壁などを製造している。2018年の西日本豪雨災害の復旧工事でも河川の大型ブロック、環境保全ブロック、間知ブロックなどの製品を増産している。1968(昭和43)年創業の長月ブロックが発祥で、業歴は50年を超える。12年に島根県に美郷工場を新設、17年には本郷工場(三原市)を新設している。電線を格納するトラフなどを製造する。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9

メガソーラー向けも受注

 製造拠点は他に、豊平工場、甲田工場がある。豊平工場はボックスカルバート、大型水路、甲田工場は角フリューム、JIS側溝、河川ブロック、美郷工場は法面に使う間知ブロックなどを製造している。広島県コンクリート製品協同組合の理事長を務める長谷川晴信社長は、「広島や山口県のメガソーラーの大型水路などのコンクリート製品も受注。納期を守り、在庫を切らさない経営方針で、サイズや形状などの特注品にも対応しています。特殊側溝や特注桝、階段ブロック等のオリジナル製品にも力を入れている。ネットでの製品販売にも注力し、特にオリジナル製品を九州や東北にも納入している。今後ネットでの全国販売にも力を入れる」と話す。
 傘立てなどの一般消費者向けコンクリート製品の開発にも取り組み、展示商談会に参加を予定する。長谷川社長は、「コンクリート関連の新規事業に加え、戸建て住宅の基礎に使うコンクリート製品の販売を始めました。現場打ちに比べ、値段は高いものの工場での品質管理、施工の利便性などのメリットがあります」と話す。新規事業として、北九州市で幼児教育の「コペル」の教室経営も行っている。今後も色々な挑戦を続け、将来的には20人以上の経営者を輩出する企業体を形成したいという。

3S活動、改善提案コンテストも

 社員は80人で、20年は技術職、事務職各1人が入社した。活躍した社員を表彰する新年互礼会、金融機関も招く経営方針発表会を開催。土師ダムサッカー場で行う社内運動会、ボウリング大会、忘年会などの社内行事は、部署横断のイベント委員会を設け、企画している。社員の自宅に月刊誌「致知」を発送し、感想文を発表する勉強会も毎月開いている。スピーチなどを行う朝礼、3S活動、改善提案コンテストも行い、月に2回程度は教育の日と位置付け、自社製品、改善活動、資格取得、委員会等の勉強会や発表会を実施。朝礼、清掃を含めた研修時間は、勤務時間全体の15%を目指している。
 社員旅行は19年に高知、18年に台湾、17年に沖縄旅行を行った。結婚記念日手当、親孝行手当などの制度もある。社員の誕生日を祝う食事会なども行っている。本社近辺の地域清掃活動や災害義援金などの社会貢献活動も行っており、直近では20年7月、新型コロナの影響で夏休みに授業を行う本社近くの吉島中学校、吉島、吉島東、中島小学校の4校に冷風機、大型暖房器具、ノートパソコンなど合計30台を贈った。ナガ・ツキにとって大事な順番は、1社員、2社員の家族、3お客様、4仕入先・取引先、5地域であり、5方よしの経営で今後も5方から支援を受けながら社名のナガ・ツキのように長いツキのある会社として末永い発展を目指す。

会社概要

株式会社ナガ・ツキ
本  社:広島市中区吉島西1-21-1
設  立:1968年4月(2005年6月)
資 本 金:9000万円
売 上 高:17億6600万円(2020年5月期)
従業員数:80人
事業内容:コンクリート二次製品(プレキャスト)の製造・設計・企画、
      建設資材販売、幼児教室の運営
T E L:082-247-0266
U R L:https://www.nagatsuki.co.jp/

※2020年8月当時の情報です。