全国展開する総合建設コンサル
新たな未来社会創造企業へ

復建調査設計株式会社

動画をリクエストする

DX推進、働き方改革も

 広島市東区に本社を構え、橋や道路、まちづくりなどの企画・計画から、測量、調査、設計、維持管理まで一貫して手掛ける西日本屈指の総合建設コンサルタント。中国地方だけではなく、羽田空港の沖合展開や東日本大震災の復旧事業など、日本全国で数多くの大型プロジェクトに参画する。

 1946年に戦後の国土復興を目指して社団法人として発足して以来、親会社を持たない独立系を貫く。持ち株制度を採用し、社員が自社の株を持つことを奨励するとともに、業績に応じて決算賞与を支給するなど、役職員が一体となった経営を続ける。グループには日本構造橋梁研究所(東京)、第一復建(福岡)などがあり、企業グループの形成、運営にも意欲的だ。航空測量大手のアジア航測(東京)とは、資本業務提携の関係にあるほか、ミャンマーとベトナムには現地法人や合弁会社がある。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

社会課題解決に向けて

 これから注力する分野に「維持管理」「防災」「まちづくり」を挙げる。高度成長に造られた橋やトンネルなどの社会インフラの維持管理は、大きな損傷が発生する前に計画的に補修してトータルコストを圧縮する「予防保全型管理」に取り組む。

 防災面では、近年頻発する自然災害に対し復旧・復興の支援に携わるほか、予想されている南海トラフ地震をはじめとする大規模自然災害に備え、被災前に復興計画を立案しておく「事前復興」に取り組む。2021年には広島テレビ放送の「防災プロジェクト」に企画協力した。

 これから求められる新しいまちづくりにも取り組む。今後の急速な高齢化社会への対応や脱炭素社会の実現に向け、低速で小回りが利き、高齢者も運転できる、小型電気自動車「グリーンスローモビリティー」の普及や導入を支援する。

 今後も多様な社会課題の解決に向け積極的に取り組む姿勢だ。

働きがいのある職場へ

 働き方改革では「生産性向上」と「多様な働き方」の社内ワーキングを継続している。部署の垣根を越え中堅・若手社員が参加し、取り組むテーマから議論する。そこで上がった意見を施策にして次々に実行している。これまでに、個人の仕事に集中し不急の連絡を避ける「Myタイム制度」や、1時間単位の有給休暇制度の導入などを実施した。

 若手の人材育成にも積極的だ。資格取得支援や国内留学制度、英語研修を実施しているほか、大学や研究機関への派遣も強化する。

「新たな未来社会 創造企業へ」

 20年5月策定の今後の10年間にわたる経営指針を示した「経営ビジョン2030」では、「新たな未来社会創造企業へ」を掲げ、その最初の3ヵ年の中期経営計画では「充実と挑戦」をテーマとして施策に取り組む。その主要施策の1つが「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の推進だ。20年5月から専門部署「DX推進センター」を立ち上げた。AIやAR(拡張現実)等の最新技術への取り組みを一層強化するとともに、新入社員向けのDX集中研修発表会や、中堅若手社員によるICT技術発表会を始めるなど、全社でDXを推し進める。

会社概要

復建調査設計株式会社
本  社:広島市東区光町2-10-11
設  立:1946年12月
資 本 金:3億円
売 上 高:131億4340万円(2020年4月期)
役職員数:658人
事業内容:土木に関する建設コンサルティング、地質・土質調査、および測量
T E L:082-506-1811
U R L:https://www.fukken.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。