新しい施設やサービスで顧客満足向上へ
歴史に培われた期待以上の〝おもてなし〟で感動を演出

株式会社リーガロイヤルホテル広島

動画をリクエストする

 前身は、広島県初のホテルとして1955年3月開業した「新広島ホテル」。地元財界の「戦後広島の復興の象徴として」との想いで生み出され、広島の街とともに歩んできた。ホテルは、60年を超える歴史の中で、国賓・皇室をはじめ国内外の多くの賓客を迎えてきた。広島城や原爆ドームも徒歩圏内の広島市中心地に位置し、客室数は488室。フランス料理・鉄板焼・日本料理・中国料理・バーなど、バラエティ豊かなレストラン・バー10店のほか、宴会場29ヵ所、25㍍×5コースの屋内プールがあり、中四国最大級の規模を誇る。さらに客室からは、北は広島城や山々を、南は原爆ドーム、宮島の2つの世界遺産や広島市街、瀬戸内海まで見渡せる眺望が魅力。最高水準のおもてなしときめ細かなサービスを提供する世界的有力ホテルが加盟するワールドホテルズに加盟しており歴史に培われた〝おもてなし〟で心地よい滞在を目指す。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

宿泊部門が過去15年で最高

 観光客が増加し、新しいホテルの開業などが続く中、地元で根強いファンを獲得するために、新しい施設やサービスで顧客満足を高めている。レストランは15年に1階「オールデイダイニング ルオーレ」を、16年には33階「ダイニングバー リーガトップ」を改装。17年4月には、6階「中国料理龍鳳」を30、40歳代の女性を新たなターゲットとした「チャイニーズダイニング リュウ」として新店舗オープン。モダンな空間と料理で、これまでのお客に加え、新たな客層にも女子会や記念日など幅広いシーンで中国料理の利用が広がっているという。
 客室は12年から始めた大規模客室改装(488室中450室)を、16年3月に終えた。国内外の観光客増に対応するため、シングルルーム135室すべてをツインルームに変更。インバウンド需要対策が奏功し、17年度の稼働率、売り上げともに過去15年で最高となる見込みだ。そして、滞在をより快適にサポートするため、18年2月に宿泊客専用スマートフォン無料レンタルサービスを導入。国内、国際通話のほか、観光情報検索などを客室やホテル外へ持ち出して利用できる。一方ソフト面では、外国人スタッフによる英語研修を実施するなど、語学力を強化中。観光案内などをするゲストリレーションズのスタッフは6人とも語学堪能で、それとは別に外国人スタッフもいる。国内外のお客に広島での滞在を楽しんでもらえるよう、スタッフが実際に食べ歩き、独自のお好み焼きマップを作成するなど勉強を欠かさない。こうした社員教育にも力を入れ、心の通い合う〝おもてなし〟を心掛ける。

期待以上のもてなしで感動を

 幅広いニーズに対応できる商品・サービスを展開しファミリー(二世代、三世代)やカップル、友人、職場での集まりなど、さまざまなシーンへ対応。広島の迎賓館としての誇りを胸に〝お客様に選んでいただけるホテル〟を目指す。利用するお客の期待を裏切らないこと、そして期待以上の〝おもてなし〟で感動を生む。来る度に新しい発見があるような、常に新しいことにチャレンジする構えだ。

会社概要

株式会社リーガロイヤルホテル広島
本  社:広島市中区基町6 -78
設  立:1994年4 月(開業)
売上高:71億900万円(2018年3月期)
従業員数:330人(2018年5月1日現在)
事業内容:ホテル業
T E L:082-502-1121(代表)
https://www.rihga.co.jp/hiroshima

※2018年8月当時の情報です。

 

【関連記事】

2018年11月で創業140周年 グループ一体となって高度な金融サービスを提供
働き方改革に真摯に取り組み 本来業務に特化した経営で15期連続の増収
ワンストップで多様な人材ニーズに対応 中国5県で経営統合のシナジー効果高まる
中小企業向け全国ネットワーク グループで総合的に経営支援