食品パッケージ卸で地場最大手
環境に配慮した商品を拡販

株式会社シンギ

動画をリクエストする

全国15拠点のネットワーク

 食品パッケージの総合商社で、全国に15支店・営業所を持つ業界大手。弁当・菓子の製造会社などに、素材・形状・デザインの異なる20万種類の中から最適な容器を提案し、豊かな食生活や食品流通を支える。仕入れて売るだけではなく、社内デザイナーが連携し、オリジナルパッケージの企画から手掛けることも多い。ニーズが多様化する中、豊富な専門知識と提案力が求められ、社員の能力向上に注力。eラーニングや社外研修などを自主的に受けられる体制を整える。民間資格の包装管理士や、HACCPコーディネーターの取得も推奨し、提案力の向上につなげている。

 20年は突如広がったコロナ感染症対策で、マスクやアルコール消毒液、アクリル板などの衛生用品の扱いをいち早く始め、テイクアウト用容器のバリエーションを増やした。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真1
  • 写真2

環境に配慮した商品

 近年は海洋プラスチックごみやフードロスの問題を受け、環境に優しい商材の提案に注力。サトウキビの搾りカスから作るバガスモールドを原料に使う包装や、使用後に減容化しやすいものなどエコ製品の品ぞろえを充実し、フードロスにはロングライフ製品の対応など、高付加価値な提案を行う。20年には兵庫県と広島県にある提携の紙器製造工場2社に投資し、需要が高まる紙製品の生産体制を強化。SDGs(持続的な開発目標)の機運の高まりもあり、関連商材の売り上げを伸ばしている。

 新事業にも積極的だ。21年5月から、食品のおいしさを損ないにくい特殊凍結機の販売を開始。営業拠点など全国6カ所にテストルームを設けた。コロナ禍での新たな需要開拓に向け、冷凍食品の通販に乗り出す企業の事業化を支援する。18年から食品の栄養成分分析事業や、検査機関と提携し、細菌・ウイルス検査のサービスを開始。19年には双日プラネット(東京)から、加熱機能付き弁当容器「ナルホット」の事業を譲り受け、提案商材の幅を広げている。

新卒者の離職は低水準

 自己革新を進め、優れた経営の仕組みを持つ企業を表彰する日本経営品質賞委員会「経営革新推進賞」を受賞した。毎年6月の経営方針発表会では、田中友啓社長のほか、事業・プロジェクトごとに目標を発表し、部署を横断して事業の方向性を確認。20年からはオンラインで全社員が参加して実施している。

 毎年行う従業員意識調査では、95%以上の社員が経営理念の達成に積極的に参加したい、84%以上がシンギで働くことに満足と回答。定時退社を推奨し、福利厚生の一環でがん保険制度や、40歳以上の社員を対象に会社負担で脳ドックを受診できる制度も導入した。過去10年間の新卒者の3年以内の離職率はわずか1・08%で低水準を続ける。これらが評価され、18年に「広島県働き方改革実践企業」に認定された。田中社長は、「社名は社是『信義』のことで、誠実で正しい道を進むことを指す。売り上げや利益も重要だが、それ以前に人として正しい行ないに徹し、お客さまや取引先との信頼関係を築くことが何よりも大切。コロナで影響を受けているが、顧客から当社への期待感は大きくなっている。22年に創業90周年を迎える。100年企業を目指して挑戦を続ける」

会社概要

株式会社シンギ
本  社:広島市中区南吉島2-1-24
設  立:1952年(創業1932年)
資 本 金:3億1000万円
売 上 高:185億円(2020年5月期)
従業員数:208人(21年5月時点)
事業内容:食品パッケージの企画・製造・販売
T E L:082-241-5194
U R L:https://www.shingi.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。