加工水産物を強みに地域一番店標ぼう
地域の食文化を支える提案力と供給体制

中村角株式会社

 海産乾物卸として創業70年余の業歴を信用力に、地場総合食品卸の地域一番店を標ぼう。常温品やチルド・日配品などのほか特に水産加工品の扱いは国内有数の情報網、営業力を持つ。低温帯仕分け機能の再整備に続き、業務用食品分野で同業者と組み2020年から新たな物流体制の構築にも乗り出した。従来にも増して提案力を強めて地域の食文化を支え、豊かにする卸機能の付加価値を高める。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

独自路線を確立

 1970年代半ばに総売り上げの50%以上あった缶詰やインスタント食品などの常温食品を削減、水産品や業務用食品中心に主力を低温食品に移す。この決断が厳しい食品流通業界を生き残る競争力を生んだ。徹底した品質管理と豊富な品ぞろえ、企画提案力は売場づくりや製品づくりにも及び、卸先の販売促進~需要開拓の一翼を担う。低温品が全体の80%を占め、中四国九州に北海道~沖縄の地域の味と食文化を提供する。
 水産加工などの生産者の多くは中小規模。多品種少量で賞味期限が短く温度管理が難しい品目を扱い、地域性も強い。中村社長は自らが産地へも足を運び、生産者の生の声に耳を傾ける。最新の商品トレンドだけでなく、長年築いたネットワークで地域の食の魅力を発掘、商品開発に生かす。同時に、生産者を育てていく喜びも大きいと中村社長。
 現在、量販店向けを主力に外食産業、給食、医療・老健施設など約400社に3万アイテムを供給。2017年秋に本社流通センターを増設しチルドや冷蔵冷凍品の温度帯環境を整え、低温卸の品質強化を図った。安全安心は無論、おいしさも届ける。

共同物流で販促強化

 メーカーから個別供給される従来の物流方式は人手確保やコストなどから今後、厳しさを増すと予測。全国卸の再編や量販店の業務提携が進む事業環境で、物流合理化は必須だ。日本外食流通サービス協会(JFSA)に加盟する中村角は19年4月、同業9社で新会社「(株)ジェフサ中西部物流」を設立。初代社長に中村社長が就き、在庫を抑える効率的な一括配送システムを構築し、共同物流事業に乗り出した。
 大手食品メーカー数社が出資した物流会社と協業して共同物流~保管システムをつくり、いったん物流センターに集めた利用メーカー各社の商品を卸が共同調達する仕組みだ。毎日1ケース単位で発注~翌日届けが可能でJFSAのPB商品を中心に小ロット、多頻度に対応。安定的な商品調達を図り、地域食品卸の販促強化やPBの企画開発に役立てる。

やりがいと可能性

 ニーズはあるはずなのに売り場にはない商品が必ずあるという。そこでPB商品を開発。缶詰「瀬戸内産小いわしのオイルサーディン」などのほか、卸ならではのアンテナで生まれたヒット商品が「ぶちうまい焼きそば」だ。しっかりした歯ごたえとうま味、賞味期限もこだわり、リピーターを生んだ。
 量販店向けなどが売り上げの60%。省力化・機械化、デジタル化を図り、外食産業や給食、弁当、医療福祉施設向けなど業務用も強める。「手間ひまを惜しまず地域の食文化を支える喜びはやりがいにも通じる」と中村社長。食の大切さを念頭に、あらゆる可能性に挑む構えだ。

会社概要

中村角株式会社
本  社:広島市西区草津港1-3-3
設  立:1948年11月
資 本 金:1億1950万円
売 上 高:281億5888万円(2020年3月期)
従業員数:172人
事業内容:加工水産物、加工食品・業務用食品の卸
T E L:082-501-2000
U R L:http://www.nakamurakaku.co.jp

※2020年8月当時の情報です。