展示場「Symphonic Garden」で自然と人が
「調和する」新たな空間づくり提案

株式会社 広田造園

 広田造園は、国の名勝庭園「縮景園」(広島市)をはじめ、日本庭園の造園・維持管理で確かな技術を誇る一方、〝今どき〟のおしゃれなデザインの庭づくりにも強みがある。
 本社敷地内に構える展示場「Symphonic Garden(シンフォニック・ガーデン)」で、新たな空間づくりの提案を積極化。国内全てのエクステリアメーカーの商品および豊富な植栽を扱う。施工事例をパネル展示し、サンプルボードで見た目や質感、肌触りが体感できる。来店客との打ち合わせや現地調査を基に3D・CADを駆使しながら、さまざまな要望を形にする。廣田社長は、「特に女性のお客さまにときめいていただけるよう、細部にまでデザインを工夫しました。建物外装は上品な藤色とし、内装はモダンなライトやアンティークな家具、リゾート風のシーリングファンを設置。趣の異なる3つの商談スペースを中心に、お手洗いにもこだわっています。スタッフが丁寧な説明と入念な打ち合わせを基にプランニングすることで、住宅や店舗などの建物の外回り全ての悩みに対応するワンストップ窓口を目指します」と話す。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

「調和」する空間づくり 幸せな家庭をイメージ

 中四国で唯一のフランス・マジライン社の地域提携店となり、2019年夏に同展示場内にオーダーメードプールを設置、上品な空間をつくり上げた。新しいリゾートタイプの庭づくりを積極的に提案している。プールは、専用のパーツを組み合わせる施工方式で大幅なコストダウンを実現。庭の形状や好みに応じて凹凸や丸形などの自由な設計が可能で、水深を徐々に深くする、水の中に階段を設けるといった工夫もできる。プールの内側全面に特殊なシートを貼り、地震や経年劣化によるひび割れでの水漏れの心配もない。タイルの柄と色も約40 種類と豊富だ。躯体に備わる複数のLEDライトの調色とパターン設定によって、多彩な光景を映す。波の揺らぎを含めて視覚的に楽しめるようにし、ガーデンパーティーやアフタヌーンティー、ナイトプールなど1年を通じて活用できる。戸建て住宅、別荘、マンション、ホテル、結婚式場をはじめ、医療介護施設のリハビリ用プールにも適している。植栽やデザイン性の高いフェンスなどと組み合わせ、一体的にプロデュース。廣田社長は、「生活様式やライフスタイルが多様化する中、今後も新たな庭の楽しみ方を提案したい。『家』と『庭』が一体となって初めて幸せな『家庭』が築けるのだと思います。私たちは店名に込めた思いである、自然と人が『調和する』空間デザインをお手伝いいたします」という。
 安芸高田市の敷地約2万平方㍍で運営する「Symphonic Gardenグリーンファーム展示場」では3万本の樹木を植え、ちびっこ広場やドッグランも設置。休日の散策スポットとしても親しまれる。20年5月まで「ひろしま はなのわ2020」のメイン会場に出展した庭園ブースも同展示場に移設。新型コロナで動物園などに行けなかった子どもたちに楽しんでもらおうと、樹木に寄り添うキリンやヒツジのオブジェを配置した。廣田社長は、「子どもが笑顔だと家族も明るくなります。当社の2カ所の展示場を巡り、幸せな『家庭』をイメージしながら『庭』について考えていただけるとうれしい」と語った。

会社概要

株式会社広田造園
本  社:広島市西区己斐上1-14-3
設  立:1970年9月(創業1949年4月)
資 本 金:2000万円
売 上 高:3億5741万円(2019年7月期)
従業員数:17人
事業内容:造園、エクステリア工事、一般土木、環境緑化、緑化樹木生産販売、
ゴルフ場の建設・設計監修・メンテナンス
T E L:082-271-3417

※2020年8月当時の情報です。