創業120周年へ向けて食を通じた地域社会の課題解決
ファーストコールフードカンパニー目指す

広島駅弁当株式会社

動画をリクエストする

 1901年創業。安心で安全な食を生産地から食卓まで届ける「From Farm to Table」をコンセプトに多角的な食ビジネスを展開している。学校給食の受託事業の運営と社員食堂や病院、高齢者施設などの給食受託事業を展開する「広島アグリフードサービス」、高齢者宅へ弁当を配達する「広島ヘルスケアフーズ」などに会社を分割し、専門性を高め、食の「ファーストコール・フードカンパニー(FCFC)」を目指す。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

のれん継承、駅弁文化を守る

 2015年に小郡駅弁当(山口県)の廃業を機にレシピを継承。18年には福岡市博多区の老舗駅弁業者「博多寿軒」ののれんを引き継ぎ、子会社「博多寿改良軒」を福岡市に設立した。最盛期には400社以上あった全国の駅弁業者は、鉄道の高速化や中・外食産業との競合で現在では90社まで縮小。さらに後継者不足で廃業する駅弁業者が増えている。
「地域に根付き、親しまれた駅弁という精神文化を途絶えさせてはいけない」。中島和雄社長はその強い覚悟を持ってのれんを継承した。

全国初、民設民営の学校給食

 グループの広島アグリフードサービス(佐伯区)は、土地、設備、建物を民間が所有することで、学校給食以外での施設利用が可能になり財政支出の削減を実現。17年から稼働し、現在は佐伯区五日市地区18の小中学校に約9000食を提供。地産地消比率は全国平均を大きく上回る4割で独自献立の開発や試食会など食育活動にも力を入れる。工場は最新鋭の設備に加え、長年培った駅弁製造のノウハウを生かし、徹底した衛生管理が可能なレイアウトで日本初の給食センター全体HACCP認定も受けている。

食を通じた健康寿命の延伸

 市が取り組む「地域包括ケアシステム」に産業的に寄与するため、17 年9月、高齢者宅訪問サービス事業所「コネクトハーツ」を開設。「生活援助特化型訪問サービス事業者」として、調理や掃除、買い物代行などで支援する。また、18年に総務省のIoTサービス創出支援事業として市や県、広島大学病院、企業と連携し、「高齢者の栄養改善・虚弱予防支援を目的とする」モデル事業を受託。大学病院と共同開発した新メニューを施設入居者に提供し、食事摂取量、身体状態などを、IoT機器で把握。データを分析すると、多くの高齢者の栄養状態が改善された。成果を基に健康寿命延伸を切り口とした食のブランド確立を目指す。

食と地域社会の未来を築く

 企業理念は「食を通じて地域社会の課題を解決し、地域社会に必要とされ、貢献する企業を目指します」だ。中島和雄社長は、
「グループの全従業員が食を通じて地域社会に為すべき企業の使命を胸に刻み、顧客価値の飽くなき追求のためにたゆむことなく行動する。その先に名実ともに地域の皆さまに必要とされるファーストコール・フードカンパニーの実現があると定義している。創業から百十余年の伝統を強みとし、革新への挑戦を続け、顧客価値を追求する」と語る。
〝歴史があるから語れる未来がある〟と、食と地域社会の未来を築くための挑戦はこれからも続く。

会社概要

広島駅弁当株式会社
本  社:広島市東区矢賀5-1-2
設  立:1901年4月
資本金:9250万円
売上高:48億円(19年3月期)
    グループ7社の売上見込みは97億円
従業員数:634人(パート、アルバイト含む)
事業内容:弁当・総菜の販売製造、生活支援サービス
T E L:082-286-0181
U R L:http://www.ekibento.co.jp/

※2019年8月当時の情報です。