創業120周年、新ブランド続々
機能性弁当や高級仕出し

広島駅弁当株式会社

動画をリクエストする

食を通じて地域社会の課題解決に挑戦

 1901年に創業し、2021年3月に創業120周年を迎えた。安心で安全な食を生産地から食卓まで届ける「From Farm to Table」をコンセプトに多角的な食ビジネスを展開。学校や高齢者施設などの給食受託事業のほか、高齢者宅への配食事業などに会社を分割し、専門性を高め、食の「ファーストコールフードカンパニー(FCFC)」を目指す。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

のれん継承、 駅弁文化を守る

 2015年に小郡駅弁当(山口県)の廃業を機にレシピを継承。18年には福岡市博多区の老舗駅弁業者「博多寿軒」ののれんを引き継ぎ、子会社「博多寿改良軒」を福岡市に設立。最盛期には400社以上あった全国の駅弁業者は、鉄道の高速化や中・外食産業との競合で現在90社まで縮小。後継者不足による廃業も目立つ。地域に根付き、親しまれた駅弁という精神文化を途絶えさせてはいけないと、中島和雄社長はその強い覚悟を持ってのれんを継承した。

新ブランド「明日の食卓」

 18年に総務省のIoTサービス創出支援事業として市や県、広島大学病院、企業と連携し、高齢者の栄養改善・虚弱予防支援を目的とするモデル事業を受託。大学病院と共同開発した新メニューを施設入居者に提供し、多くの高齢者の栄養状態が改善された。この実績を基に、20年度からは広島大学未病・予防医科学共創研究所と共同研究契約を締結。健康長寿社会の実現という理念の下、医学的・栄養学的なアプローチからフレイル(虚弱)や生活習慣病の予防・改善を実現する機能性弁当ブランド「明日の食卓」を立ち上げ、21年4月に発売した。同弁当には、ニンジンの葉に由来する植物乳酸菌「G-15株」を使う。ストレス抑制効果のあるGABAを含んでおり、精神の不安定さから始まるフレイルやサルコペニア(筋肉量の減少)の予防、うつ病リスクの軽減につなげたいという。在宅高齢者向けの配食を中心に、企業向けや量販店へも販路を広げる。

高級仕出しの 「あじろや厨房」へ

 仕出し「あじろや」ブランドは約30年前に誕生し、弔事などを中心に長年支持されてきた。コロナ禍で自宅で行うことが増えた慶事などに着眼し、洋食やすしなどを加え、〝ごちそう〟や〝高級感〟を訴求。各料理長がメニューを監修し、約40種類を用意した。本社工場内に調理場を増設し、最新の加熱調理器や冷却設備などを導入。高級感のある紙箱に詰めて届ける。

食と地域社会の未来を築く

 企業理念は「食を通じて地域社会の課題を解決し、地域社会に必要とされ、貢献する企業を目指します」だ。中島社長は、 「全従業員が食を通じて地域社会に成すべき企業の使命を胸に刻み、顧客価値の飽くなき追求のためにたゆむことなく行動する。その先に名実ともに地域の皆さまに必要とされるFCFCの実現があると定義している。創業120年の伝統を強みとし、革新への挑戦を続け、顧客価値を追求する」と語る。

 〝歴史があるから語れる未来がある〟と、食と地域社会の未来を築くための挑戦はこれからも続く。

会社概要

広島駅弁当株式会社
本  社:広島市東区矢賀5-1-2
設  立:1901年4月
資 本 金:9250万円
売 上 高:32億円(2021年3月期)グループ6社の売上高見込みは62億円
従業員数:1100人(パート、アルバイト含む)
事業内容:弁当・総菜の販売製造、生活支援サービス
T E L:082-286-0181
U R L:http://www.ekibento.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。