保育サービス業界のトップクラスに急成長
全国展開のスケールメリットを質向上に生かす

株式会社アイグラン

動画をリクエストする

 未来ある子どもの命を預かる―。保育サービス事業が急成長する中、子どもの命といかに向き合うかを事業推進の要に据える。2000年に事業を開始。事業所内保育園をはじめ運営園は400を超え(予定含め19年5月現在)、業界トップクラス。スケールメリットを保育の質向上に生かし、子育て世代が安心して働き続けられる環境整備にまい進する。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

広島発目指す

 AI・IoT(モノのインターネット)活用により乳幼児をリアルタイムで見守る実証実験を19年2月下旬から始めた。ITベンチャーやコンサルタントなどとコンソーシアムを組み、広島県のAI・IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」に採択。事業所内園を受託する食品メーカーなどの協力を得て、センサーや専用タブレットを使い体の向きや呼吸状態などをチェック。保育士の負担軽減と同時に潜在保育士の復帰を促す狙いだ。保育現場の安全管理をスマート化する〝広島発〟ビジネスモデルを構築し、園の規模を問わず使いやすく安価に提供できる仕組みを整え、全国的な保育士不足の解消に役立てる。重道泰造社長は、「保育にとって大切なのは愛のあふれた環境。保育士の笑顔が園児の笑顔を育む。命を預かる精神的な負担を減らし、園児も保育士も毎日、行きたくなる保育園を目指す」と成果を期待。
 事業所内園は島しょ部や中山間も引き受け、病院向け主力に300園を超える。24時間体制の院内保育で蓄積した実績やノウハウを生かす。

企業からの引き合い増

 地域性を尊重し、リトミック(音楽教育の手法)導入や、天然だし・手作りおやつなども用意。園児の健やかな成長に気を配る。19年春には、全国2700拠点・会員4万5000人以上を展開する子ども向けスポーツスクール運営会社(東京)に業務委託し、園で運動教室を開始。それぞれの業界トップクラスで、相乗効果を高め、〝楽しめる運動づくり〟を推進する。「心身の成長過程で子どもに自己肯定感が芽生えることが大事。運動教室はその効果が期待できる」と重道社長。
 民間ならではの発想とスピードで全国展開を加速。従業員確保を急ぐ企業からの引き合いが増えており、17年秋、コンビニ大手の広島市内の加盟店を対象に開園した。翌年春、電鉄グループや製鉄関連、JRグループなどから相次ぎ受託。県内外から業種は多岐にわたる。全国大手からの受託を契機に新たなビジネスチャンスも視野に入ってきた。

子育て世代の応援団

 待機児童の解消が急がれる中、19年秋には幼児教育・保育の無償化が控え、保育ニーズがさらに高まる予測。全国で受託園が集積する地域に自社社員が実質無料で預けられる直営の企業主導型「あいぐらん保育園」の設置も急ぐ(19年4月で25園)。
 スーツケースのレンタル事業が世界同時多発テロで大打撃を受け、保育事業に参入。時代の要請に応え、16年12月期連結売り上げで初の100億円を突破した。19年は160億円を目指す。現在4000人余が働き、1万人以上の乳幼児を預かる。重道社長は年1回の園長主任会議で園長500人以上に向き合い、子育て世代を応援する使命とやりがいを共有する。

会社概要

株式会社アイグラン
本 社:広島市中区光南2-1-20
設 立:1987年11月
資本金:5000万円
売上高:134億6000万円(2018年12月期)
従業員数:4301人(19年6月パート含む)
事業内容:保育サービス
T E L:082-247-7895
U R L:http://www.aigran.co.jp

※2019年8月当時の情報です。