保育サービス業界全国トップクラス
質向上を成長エンジンに運営体制を拡充

株式会社アイグランホールディングス

動画をリクエストする

 子育て中の女性の就業率が年々高まる中、2000年に始めた保育サービス事業が急成長している。認可保育園や事業所内保育園など運営園は北海道~沖縄まで全国43都道府県に400を超え(20年6月現在)、業界トップクラス。スケールメリットを保育の質向上に生かすとともに、地域性や旬を大切にする食育などに力を入れ、子どもの命と向き合う保育を推し進めている。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

子どもの成長に寄り添う

 全園で安全や衛生管理に徹する一方、地域性を尊重し、特に食育にこだわる。天然だしにこだわっただしとりを行い、加工済み冷凍食品は一切使わず、国産食材を中心に、給食・おやつ共に手作りでの提供。食材の仕入れや献立は全社一括にせず、栄養士や調理師を現地採用して地域ならではの旬や食文化を大切にしている。離乳食も一人一人の発達に合わせ、手間を惜しまない。
 重道会長は、「子どもの食べたいという気持ち、食に対する興味は、生きる意欲を引き出し、心身の成長過程で自己肯定感につながる原動力となる」と、子どもにも保護者にも喜ばれる給食を心掛けている。
 昼寝中の呼吸状態チェックに、センサーや専用タブレットを使ってリアルタイムで見守る実証実験を継続中。広島県のAI・IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」に採択され、19年2月から始めた。保育士の負担軽減と潜在保育士の復帰も促す狙いだ。

やりがいのある職場へ

 民間ならではの発想とスピードで全国展開を加速。事業所内保育園は、病院向け主力に300園を超え、従業員確保を急ぐ企業からの引き合いも増えている。「社会」「子ども・保護者」「社員」それぞれに対する思いやりの心を三本の柱に、事業を推進。保育士が長く働き続けられる環境を整備し、保育品質の向上を図りながら、ひいては働き甲斐のある職場づくりを目指す。
 中でも、毎年、全国の園長・主任が広島へ集結(19年550人以上)する〝園長・主任会議〟は会社の方針やビジョンを共有する重要な場だ。社員の定着・資質向上や職場環境の活性化が狙いで、事業の大きな推進力となっている。保育の取り組みを園や個人単位で評価する独自の社員表彰制度の表彰の場でもあり、食育や行事、病児保育など各園の工夫や成果を相互に共有し、モチベーションや意欲を高めている。
 オンライン研修や業務の合間も学べる動画配信の研修プログラムなどで保育の品質向上に努める一方、福利厚生を拡充。全国25ヵ所の社員向け保育園やグループ会社運営の全国14ヵ所のスポーツジムの無料使用、持株会や退職金制度、介護のための選択制週休3日制など働きやすい職場を整えてきた。

保育の受け皿を拡大

 コロナ禍を受け、保育業界では初の〝特別感謝金〟を保育の現場に従事する全職員に支給。地域医療を支えるため、日々現場で頑張ってくれている社員に感謝の意を届けた。
 国によると子育て安心プランの集計結果に基づき20年度末までに約29万7000人分の保育の受け皿拡大を見込む。現在5000人余が働き、毎日1万人以上の乳幼児を預かる。「少しでも社会のお役に立ちたい」と重道会長。新たな挑戦が続く。

会社概要

株式会社アイグランホールディングス
本  社:広島市中区光南2-1-20
設  立:1987年11月
資 本 金:7050万円
売 上 高:155億2000万円(2019年12月期連結)
従業員数:5188人(2020年6月パート含む)
事業内容:保育サービス
T E L:082-247-7895
U R L:http://www.aigran.co.jp

※2020年8月当時の情報です。