インフラ建設で社会貢献する企業グループ
多角化経営を進め、豊かな暮らしの実現へ

ホウコクホールディングスグループ

動画をリクエストする

ホウコクホールディングス

 1957年に豊国工業を創業して以来、穀物乾燥機や立体駐車場など、さまざまな事業を展開してきた。2009年に持ち株会社「ホウコクホールディングス」を設立。各事業を会社分割して傘下におさめ、グループを形成した。

 その後も、各社独立採算と業容拡大の経営方針の基に、昭和起重機製作所、藤井建設のM&Aを実施。豊国工業の子会社として富士産業も傘下におさめた。20年現在、子会社8社、孫会社3社を持つ。ホウコクグループは多角化経営を進め、今後も「変革」と「挑戦」を続ける。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

豊国工業

 大型の河川・海岸水門、ダム水門の技術を持つ総合水門メーカー。「治水・利水事業を通じて国土保全に貢献し、国民の生命財産を守る」という経営理念のもと、大型ダムや高圧ダムなどを手掛けている。

 近年の納入実績では、円形多段式ゲートを採用した小石原川ダム(福岡県朝倉市)、21年に完成した摺動式高圧ラジアルゲートが特徴の平瀬ダム(山口県岩国市)などがある。鹿児島県鶴田ダムの施工では、日本建設業連合会より「土木賞」を受賞し、技術力を高く評価された。また、同年に経済産業省より「健康経営優良法人」の認定も受けた。社内でも「健康経営宣言」を行い、健康投資を通じた組織の活性化に取り組んでいる。

豊国エンジニアリング

 水門・堰の専業メーカーとして、各種ゲート製作設置のほか、無動力水位調整ゲートやゴム袋体式鋼製堰(HSR堰)などの独自商品も顧客から高い評価を得ている。併せて、設備の点検、修繕、水門用開閉機販売も手掛ける。ISO9001を取得したほか、働き方改革へも積極的に取り組み、社員一人一人の働きがいの向上を目指している。培ってきた技術力を活かし、治水・利水インフラの充実に貢献する。

豊国プラントシステム

 1963年に循環式穀物乾燥機を開発。設計から製作、据付、アフターサービスまで一括管理による高品質な製品を提供する。主にカントリーエレベータなどの大型施設向け乾燥・搬送・貯蔵設備の製作を行い、50年以上の納入実績がある。またASEAN諸国向けにも展開。これからも開発と挑戦を続け、未来の農業に貢献していく。

豊国パーキングシステム

 マンション向け立体駐車場の設計から製造・販売、アフターサービスを一括管理。多段式立体駐車場販売実績は業界上位であり、6万5千パレットの納入実績がある。海外向けには、フィリピンマニラ市の大型商業施設の立体駐車場が完成し、次の案件を引き合い中だ。今後もグローバルに良質な製品を展開する。

「持続可能な社会の実現を目指して」

 ホウコクグループは、持続可能な社会の実現を目指すSDGsの理念に共感し、経済の発展、環境保全に対して真摯に向き合い、事業活動を通してSDGsの目標達成に貢献していく。1000年先も地球が豊かな故郷であるために、入魂の製品に一層の誇りをもって臨んでいく。

会社概要

ホウコクホールディングスグループ
本  社:東広島市西条町御薗宇6400-4
創  立:1957年10月21日(豊国工業)
資 本 金:7億5000万円(グループ合計)
売 上 高:205億円(2020年9月期、グループ合計)
従業員数:545人(2021年4月現在、グループ合計)
事業内容:各種ダム設備・水門設備・除塵設備、穀物乾燥施設、立体駐車場、
     各種クレーン、建築・水道施設、環境・省エネコンサルタント、
     設計コンサルタント、避難用施設
TEL:082-493-7000
URL:http://www.hokoku-kogyo.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。