米ニューヨークにグッズ制作で進出
音楽フェスなど事業多角化で成長続ける

株式会社スペースエイジ

 2004年に創業し、ホームページやグッズ制作、ダンススタジオなど、さまざまな事業に多角化して成長してきた。中核事業はスポーツ関連のグッズ制作で、カープをはじめ、国内のプロ野球全12球団に加え、JリーグやBリーグなども制作する。近年、プロ野球関連グッズと有名アニメキャラクターとのコラボ商品を積極展開しており、キャラクターファンを開拓。2019年3月期売上高は前年比33 %増の10億8000万円を計上し、右肩上がりを続ける。今後はメジャー関連グッズに参入しようと、米ニューヨークに現地法人を設立。国内の成功例を基に、本場米国に進出する。

セトウチ・ビーチ・ジャムを初開催

 19年8月、音楽・アート・平和をテーマに野外音楽フェスティバル「セトウチ・ビーチ・ジャム2019」を尾道市の瀬戸田サンセットビーチで初めて開催。吉岡社長は学生時代にバンド活動をしており、音楽レーベルとして創業。音楽イベントのグッズやサイト運営などにも強みを持つ。同イベントには広島出身のアーティストらが出演。20~40代後半の男女や家族連れなどに楽しんでもらった。
 吉岡憲治社長は、「音楽イベントの開催や海外進出など、ワクワクできる事業を計画しています。社内体制を整え、さらなる飛躍へ加速したい。活力あふれる企業を目指します」

会社概要

スペースエイジ
本 社:広島市南区段原2-5-1
設 立:2004年1月
資本金:1000万円
売上高:10億8000万円(2019年3月期)
従業員数:49人
事業内容:グッズ企画・デザイン・制作・販売、
音楽事業、ダンススタジオ運営など
T E L:082-275-5607
U R L:http://www.sa-works.com

※2019年8月当時の情報です。