建設機械レンタル、環境リサイクル機器の販売、
福祉用具の卸レンタル 3つの柱で事業を展開

株式会社リョーキ

動画をリクエストする

 1965年、高度経済成長で土木建設工事の需要が高まる中、基軸事業の砕石・製砂プラントの設計施工に加え、建機レンタルの先駆企業として設立。以来、「建設機械レンタル」、「環境機器販売」、「福祉用具卸レンタル」の3つの柱で事業を展開している。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

建機レンタルの先駆者企業

 日本は四方を海に囲まれた台風、地震、大雨等の災害が多い国で、国土を維持する上で建設工事は必ず必要である。同社は、広島県で建設機械レンタル業の草創期から事業を開始し、以来約50年以上、中国、九州、関西、関東に営業所を約50カ所以上開設し全国に事業ネットワークを展開。大型土木建設機械を始め、最新のICT建機からレンタカー、電動工具までレンタル商品を豊富に取り揃え、建設現場へ供給している。また、地域密着型のきめ細かい営業力とサービス力を重視した自社整備工場が強みで「品質No・1」をリョーキブランドに位置付け、高い信頼と評価を受けている。

アフターメンテナンス体制で顧客を支援

 資源のリサイクルを実現するために、廃材や古紙の再資源化、木材や廃棄物の燃料化を目的としたシュレッダーや土石の選別機等の環境リサイクル機器を全国販売している。商品は、環境先進国であるドイツ、イギリスから輸入し同社は日本総代理店である。広島志和工場では固定式破砕機のテスト専用プラントを設置し、持ち込まれた原料を実際に破砕して性能を顧客に確認してもらった上で、購入の判断ができる実証テストを行う。また、部品供給体制を整え、メーカーと同等な商品提案力とアフターメンテナンス体制で顧客を支援している。移動式破砕機・選別機の累計販売台数は国内トップクラスである。

ニーズに応える福祉用具の品揃え

 福祉用具貸与事業所を通じて在宅介護に必要な福祉用具を提供している。2004年に介護事業部を開設して以来、福祉用具だけではなくリハビリ機器や健康維持器具等取扱商品の品揃えを増やし、高齢者が在宅で安心して生活できるサポートを行っている。中国4県に5店舗を展開。福祉用具レンタルは使用後の消毒、検査、保管が重要で、広島、松江、岡山に最新鋭の洗浄設備を備えたメンテナンス工場を構え、安全、清潔な商品を出荷し、貸与事業所と福祉用具利用者から厚い信頼を得ている。
 25年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上の超高齢社会を迎える。福祉用具レンタルのニーズはさらに多様化し高まると予想されサービスの充実を図っている。

100年企業を目指して

 東日本大震災からの復興需要、老朽化した建物の更新など、建設業界の需要が高まる中、レンタルサービスの品質が問われている。建設機械レンタル業界の先駆企業として、森川英樹社長は語る。
「常にお客さまの立場で行動し、商品・サービス・品質・取引環境を磨き、お取引さまと素晴らしい関係をつくり、100年企業を目指します。今後も絶え間ない努力を続けたい」

会社概要

株式会社リョーキ
本社:広島県広島市西区大芝3-15-24
設立:1965年9月13日
資本金:2億9617万円
売上高:222億円(2018年6月期)
従業員数:750人(2019年4月現在)
事業内容:建設機械事業部 環境機器事業部 介護事業部
T E L:082-237-4450(代表)
U R L:http://www.ryoki-japan.co.jp

※2019年8月当時の情報です。