施工実績1万棟以上 解体工事をブランド化

株式会社桑原組

動画をリクエストする

価値創造し街づくりに挑む

業歴60年以上の総合解体工事業を柱に〝街づくりのトップバッター〟を標ぼうする。難易度の高い、街中の大型ビルや商業施設を数多く手掛け、近年は大型解体専用機をそろえ受注を拡大。広島市内は再開発関連も目白押しだ。家づくりやリノベーション、不動産事業にも乗り出し、街づくりの本丸に切り込んでいく。

  • 写真2
  • 写真1
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真2
  • 写真1
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7

本業を磨く

桑原組の原点は戦後の広島の復興にある。街が生まれ変わる起点を担い実績が実績を生んで、中国地区で大型商業施設、官公庁や電力系、医療施設、半導体工場など施工累計は1万棟以上に上る。スーパーゼネコン5社から受注するとともに、既に施工済みの米ヒルトンホテル開業予定の再開発関連やテレビ局社屋など元請け工事も強化していく。

安全や騒音、振動、粉じん対策などに万全の態勢で臨み、解体では珍しい品質基準ISO9001や労働安全衛生マネジメントシステムISO45001も取得。一級施工管理技士(建築・土木)などの資格者も多い。建造物の高層化や大型化、強度などに対応できる最新装備機も導入し現在、大型機約20基を保有。レンタルでは調達が難しい重機をそろえ、工期短縮などの効果でトータルコストを抑える。都市再生緊急整備地域指定を受け、広島市内中心部では再開発計画が次々に浮上。最新の大型専用機で受注攻勢をかける。

自由な発想で領域拡大

解体を軸に土壌汚染やアスベストなどの環境リスク対策~不動産活用を一貫して手掛ける「ワンストップ土地更地化サービス」(商標登録済)を確立。企画提案力と施工品質でブランド化が図られている。

桑原社長は、「自ら機会を創り出し、その機会によって自らを変えよ」を座右の銘に業界に新風を吹き込む一方で、2017年にFC加盟で住宅建設の「無印良品の家」事業をスタート。着工分も含め累計34棟(21年5月)を数え、加盟店中トップクラスだ。19年夏からは住宅建築と宅地開発をセット展開する宅地分譲を始め、21年には賃貸事業にも乗り出した。遊休地や不動産を再生するプロジェクトも始動。リノベーション事業も含め「住空間事業」としてビジネスの可能性を広げている。

リノベ事業は関連会社コラボが20年以上扱う3M社機能材フィルムに端を発する。施工管理ノウハウが評価され、全国施工会社の統括役としてフィルム貼り替えを契機とするオフィス空間のリノベ事業に加わった。関係する事業会社と協業し不動産の資産価値を高めるビジネスモデル確立を目指す。

新しい価値を生み続ける

21年11月期は大型工事がけん引し、初の売上高30億円台を見込む。リーマンショック後は10億円を割ったが、4代目就任直後の桑原社長は経営理念を定めて社内改革を決行、やりがいのある風通しのよい職場づくりを推し進めた。「過去の歩みを尊重しながら新しい価値を創造し続け、今ない当たり前をつくる」と桑原社長。〝生み出す〟が経営の推進力だ。自ら発想し、やってみよう精神を育もうと20年末、各部数人で半年間活動する改善委員会を立ち上げた。第一弾は本社外壁の刷新。翌年2月から部署を越えて解体や住宅建築の現場をパトロールし、気付きや発想が生まれているという。

会社概要

株式会社桑原組
本  社:広島市西区己斐本町3-17-24
設  立:1965年12月17日(創業1958年10月)
資 本 金:3000万円
売 上 高:21億5600万円(2020年11月期)
従業員数:47人
事業内容:総合建物解体工事、環境リスク対策工事、無印良品の家販売、建築、不動産売買・仲介・開発、リノベーション
T E L:082-272-6006
U R L:http://www.kuwaharagumi.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。