情報通信で社会基盤を支える
新分野へのICT活用を加速

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ

動画をリクエストする

 「電気通信」と「情報処理」を柱に、総合的なICTソリューションを提供する中国電力のグループ会社。各自治体や金融、放送、医療機関など幅広い業種へ通信ネットワークサービスを提供する数少ない企業の1つで、情報通信のインフラ企業として中国地域全域の社会基盤を支える。
 個人向けインターネット接続サービス「メガ・エッグ」は、テレワークが広がりつつある中、安心・スピーディーなインターネット回線を提供。また、動画配信サービスなど、ライフスタイルに合わせた選択制オプションを充実させている。法人向けは「エネウィングス」ブランドで、自社の通信回線やクラウド、データセンター、情報セキュリティー対策などのサービスを展開している。
 もうひとつの柱である情報処理(システムインテグレーション)では、中国電力グループのシステム開発や運用保守業務などを一貫して手掛けている。近年は、スマートフォンやインターネットを使って、停電の情報をどこからでも確認できるサービスを開発するなど、中国電力の顧客が安心して電気を使えるように、ITの側面からバックアップしている。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

レモン栽培にIoT活用

 技術革新が進む情報通信分野ではさまざまな分野の課題を解決し、付加価値や生産性の向上などにつなげる新しい領域へのICT活用を強化し、18年からは大崎下島を含むとびしま地区のレモン農家と連携し、重労働が伴う傾斜地栽培で、生産性の向上やノウハウの〝見える化〟を目指す実証実験に乗り出した。製造業向けは、自動車関連を中心にさまざまな業種の設備の予兆保全に独自のデータ処理技術で貢献している。
 17年からは、人手のかかるオフィスの定型業務をソフトウエアロボットに代行させるRPAの独自サービス「エネロボ」を開始。働き方改革に取り組む企業の増加を背景に引き合いが倍増している。手書き文書を自動でデータ化できる「AI-OCR機能」など付帯機能を拡充し、業務の自動化における顧客の課題に対し、総合的な支援を行っている。
 ドローンの活用では、空撮による電力設備の点検を行っており、最近ではAIと画像解析技術による「太陽光パネル点検支援システム」を開発し、ドローン撮影とセットで太陽光発電所の設備点検も始めた。19年10月には、安芸郡府中町と災害時の調査活動に関する協定を結び、被災現場の空撮や救助作業支援で地域に貢献している。
 また子どもを対象としたプログラミング教室や、地域に根差したクラウドファンディングを運営するなど、中国地域の活性化につながる活動にも取り組む。

広島駅至近に新オフィス

 19年からは1時間単位の有休制度やテレワーク在宅勤務制度の導入など、「働き方改革」に向けた取り組みを進める。さらに社内業務プロセスを見直し、効率の良い業務プロセスに再設計し、RPAと組み合わせることで品質向上と効率化を実現。活用事例は、社内ポータルサイトでの紹介やロボットコンテストを開いて表彰するなど「働き方改革」の推進を図っている。20年には社員間のコミュニケーション増進に向け、JR広島駅至近の東区二葉の里に新オフィスを開設した。

会社概要

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
本  社:広島市中区大手町2-11-10
設  立:1985年4月資本金:60億円
売 上 高:429億円(2020年3月期)
従業員数:1009人(2020年4月時点)
事業内容: 電気通信事業、情報処理、ソフトウエア開発、電気通信設備の工事・保守など
T E L:082-247-8511
U R L:https://www.enecom.co.jp/

※2020年8月当時の情報です。