アンコンシャス・バイアス対策、アンガーマネジメント組み合わせ 企業向け働き方コンサル開始

キャリアフォーカス

動画をリクエストする

キャリアフォーカス(中区広瀬北町3―11、棚多里美代表)は2020年11月からアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)、アンガーマネジメント、ハラスメントの3つの観点を基にした企業向けの働き方コンサルティングを始めた。これら3要素を組み合わせる支援は珍しい。

  • 写真1

クライアント企業にヒアリング後、状況や課題に応じたオーダーメード型セミナーを実施する。参加前後のアンケートやコンサルを通じ、モチベーションの継続や社内浸透を促す。働き方改革を進める上で制度を整えても、職場の雰囲気や意識次第でうまくいかないことが多い。例えば女性や部下(男女共)に対してパソコン画面や書類に目を向けながら話を聞く、眉をひそめる、腕組みをするといった何気ない日々の言動で軽く扱う態度が表れ、違和感や疎外感を与えてしまう。これらが積み重なり、職場の雰囲気や人間関係の悪化、パフォーマンスの低下を招くという。棚多代表は、無意識の偏見に気づかせて言動を改めるアンコンシャス・バイアス対策、怒りを適切に出して元気や推進力に変えたり相互理解を深めるアンガーマネジメント、各種のハラスメント防止を指導する。これら3分野のコンサルタント・トレーナー資格に加え、キャリアコンサルタントやワークライフバランスコンサルタントなどの資格も持っており、一体的な支援を心掛ける。

2016年施行の女性活躍推進法で企業の女性管理職の登用意識が高まるが、本人がリーダーになろうとしない例もある。棚多代表は広島県の働く女性・子育て支援部長や県男女共同参画財団の常務理事を務めた経験から、女性のキャリアアップにネックとなる自己否定感や不安をなくし、積極性を引き出す手助けも行う。研修だけの依頼も可。1日研修10万円~、コンサル料月10万円~。

会社概要

キャリアフォーカス
本  社:広島市中区広瀬北町3-11 和光広瀬ビルソアラビジネスポート4階424号
T E L:090-4575-8163