地域に根付く家づくりを提案
生活をデザインする企業へ

山根木材グループ

動画をリクエストする

ブランドメッセージ「家は、風土」

 2020年4月に創業110周年を迎え、住宅供給実績は累計1万棟を誇る山根木材グループ。1910年に創業し、木材の仕入れ販売から始まり、その後、住宅建築へと事業を広げて成長してきた。現在、新築住宅から、住宅の構造設計、木材加工、リフォーム、メンテナンスとグループ7社で幅広く展開する。

 2021年に組織体制の強化や事業領域の拡大に向けて、ITへの投資を強化したほか、住宅の修繕保守などの「山根木材メンテナンスサービス」を「山根木材ライフパートナー」に変更した。住宅購入という一度の機会だけではなく、家づくりを軸にメンテナンスやリフォーム、中古住宅の流通など、さまざまな価値を提供し、顧客の生涯にわたって山根木材グループが必要とされるようライフ・タイム・バリュー(顧客生涯価値)の増加を図っていく。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

福岡県や福山市で 新社屋完成

 現在、広島のほか、福岡県でも事業を展開しており、福岡市南区・城南区を中心に累計1600棟以上の新築住宅を供給している。福岡支社は、20年2月、新社屋(福岡市南区長住1―1―48)に移転し、「木と住まいの文化」の発信拠点として営業している。

 さらに、21年5月には、福山支社の新社屋を福山市南蔵王町2―5―39に完成。階段部は木の細胞のようなデザインとし、計算された木構造で木材の強さとやわらかさを表現した。カフェテリアのような空間デザインで地域住民に開放し、コミュニティの場としても活用してもらう。 両社屋共に、広島工業大学環境学部建築デザイン学科の杉田宗准教授の研究室(デジタルファブリケーション専門)との産学連携で設計した。 山根木材グループの手掛ける家づくりのブランドメッセージ「家は、風土。」を基に地域に合わせた家づくりを進める。

 山根誠一郎社長は、「当社は、その土地で育った木で家をつくることにこだわっています。それはいわば、その土地の気候を知り尽くした木。それが柱となり、梁となって力強く家を支えます。地域の木材でつくった家が地域になじんで、風土となってもらいたいという願いを持っています。地域にしっかりと根を張り、永く住み継がれる家づくりのために地域木材を活用していきます」

オウンドメディアを展開

 山根木材グループの新しいファンの開拓や、これまで新築した累計1万棟の顧客へも情報発信し、継続的な関係づくりへ20年8月、オウンドメディア(自社メディア)「暮らしのてまひま」を開設した。生活スタイルや健康、旅情報など多様なコンテンツを発信し、家づくりの考えや暮らしの楽しさを伝える。

 住む人や時代に合わせた住宅設計を進める山根木材グループ。常に家づくりの在り方を考え続けている。17年にグッドデザイン賞を受けた「山根木材のちいさな家」を販売するほか、機能訓練専門デイサービス「きたえるーむ」や、本社敷地内では高級家具のショールーム「デジマストック」を運営。消費者の声を聞いて、時代のニーズを読んだ理想の暮らしの実現に取り組んでいる。 「新事業の全ては生活にひも付いています。お客さまの生活をひもといて、新しい生活をデザインしたい」

会社概要

山根木材グループ
本  社:広島市南区出島1-21-15
設  立:1951年4月(創業1910年4月)
資 本 金:1億円
グループ売上高:103億円(2021年1月現在)
従業員数:267人
事業内容:住宅建築、不動産流通、木材加工販売など
T E L:082-254-7947
U R L:https://www.yamane-m.co.jp/

※2021年8月当時の情報です。